パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校体育 コーン倒し 一時間の授業の流れ

f:id:kumayamamoto:20190303211053p:plain

 

今回は、いつもの外国語の実践ではなく、体育の実践です。

 

先日、コーンを使った実践を記事にさせていただきました。

pandasensei.hatenadiary.com

 

今回は、実際に一時間の略案を作成してみました。

参考にして下さい。 

 

すぐに出来て、子どもたちも盛り上がります。

 

「体つくり」 略案 

○使用教材、準備(教師)

 コーン 場所 ピロティ

 

 

○活動内容

導入

準備運動

《カラーコーンダッシュ〜いろいろな組み合わせで〜》

①カラーコーンを20メートル空けて置く。 

②サッカーのチームごとに横一列に並ばせる。

③笛の合図で一斉にスタート

一本目は普通のダッシュ

④手をクロスさせてダッシュ、体操座りからダッシュ、仰向けからダッシュバック走などなど多様なダッシュや動きを組み合わせる。ほふく前進なども。
⑤じゃんけんして、負けるとおんぶ。手押し車など。

⑥二人組みで肩を組む。3人組。全員。

体つくり①

①    カラーコーンをピロティの四隅と、中央に置く。2箇所作る。

スタートの場所は一緒。

②    カラーコーンから、カラーコーンへの移動は時計回りで行う。移動の仕方は、ダッシュで移動。

③    四隅のカラーコーンでは、必ず2人組でじゃんけんをする。勝ったら次のカラーコーンへ進むことができる。負けたら中央のカラーコーンまでダッシュで行き、タッチしてじゃんけんで負けたカラーコーンの所までダッシュで戻り、また、じゃんけん。

④    時間内に何週したか競う。

人数が違う場合は、回る回数を倍にする人を選ぶ。

体つくり②

「コーン倒し」

①    2チームで競わずに1チームで全てのコーンを倒すタイムトライアル。

②    コーンを倒すチームと起こすチームに別れる。

③    コーンを倒す、起こすを時間内に繰り返し競う。

ルールの徹底。一つの場所に居てはいけない。

倒す、起こすのをじゃましてはいけません。

一人狙いはやめましょう。

 

 

困った時に、是非やってみてください。

盛り上がります!

 

「小学校体育 コーン倒し 一時間の授業の流れ」の記事の紹介でした。

小学校外国語5年生 Wecan1 unit9 Who is your hero? 3時間目

f:id:kumayamamoto:20181208102913p:plain

 

先日、Wecan1 unit9のWho is your hero?の一時間目と2時間目について、

実践を公開させていただきました。

 

今回は、三時間目の実践です。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

1時間目は、内容を復習中心にし、今まで何度も授業で行った活動を中心に組みました。

 

2時間目の授業は、インタビューなどのコミュニケーションを中心に組みました。

 

今回も、 

 誰でも簡単に(Easy)

 誰でも楽しく(Enjoy)

 誰でも授業のねらいが達成できるように(effect)

気をつけました。

 

○目標

 関:自分から進んで挨拶する。

慣:英語で自分のできることを伝える。

気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 ファイル(B5)、振り返りカード、フラッシュカード、ミニカード

○使用教材、準備(児童)、教室

 筆箱(鉛筆)、振り返りカード、インタビューシート(クラス名簿)

 

○活動内容

Introduction(3min)

あいさつ Hello, every one.

let’s say

 

 

 

 

 

○単語の復習する

Let’s listen3 P69

3人のことについて聞き、わかったことをに書く。

Let’s play the game1

○【memoryゲーム

1:黒板に使用する英単語のフラッシュカードを貼っておく。

2:先生がランダムに無差別に英単語を言います。子供は言われた順番を覚えておきます。(手を頭の上に乗せるなど、聞く工夫をするといいと思います。また、先生が言ったあとに繰り返し発話させましょう。)  

3:先生の合図で子供は、覚えたとおりにミニカードを並べます。 

Lets interview.

○Lets interview (前回より、気持ちを追加)

○自分にとってのヒーロー/ヒロインを決めて、友達に伝える。

A, B: Hello.

A:My hero is ~~。

   He can play basketball.

  He is cool.

A,B: Thank you. Bye. 

Look back

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

 

急な変化に弱い我がクラス。

内容が難しい子がいたようなので、前回とほぼ同じ。でも少し変化しているぐらいで授業を、組みました。

 

飽きないように、各活動をテンポよく。

子どもを、盛り上げながら、進行していきます。

 

また、前回難しかった子も、同じような活動なら、活躍できます。

色んな子を褒めることができました。

 

「小学校外国語5年生 Wecan1 unit9 Who is your hero? 3時間目」の記事の紹介でした。

 

読んでいただき、ありがとうございました。 

 

小学校社会科 便利な白地図 HP CraftMAP

www.craftmap.box-i.net

 

小学校の社会科では、白地図を活用することが多いと思います。

 

特に3.4年生の社会科では、活用することが多いのでは、ないでしょうか。

 

指導書などについている白地図を印刷するのもいいのですが、県の名前が入る、入らないとか、授業に合わせて、内容を変えたい時があると思います。

 

そんな時に役立つのがCraftMAPというHPです

 

便利な白地図というコンセプトで、作られたHPであるCraftMAP。

 

色も大きさも、県名入りや県庁所在地の場所も

好きに変えられます。

これが本当に便利!

 

様々な授業で使えます。

 

例えば、

 

白地図タイムトライアル

全県名を早く書けるか競う。

苦手な子は、地図帳を見てよい。

県庁所在地などでもできる。

 

②県境書いてみよう大会

白地図を渡して、県境を予想で書きます。

狭い範囲に絞るのがポイント。

関東なと。

児童は、覚えてないことが多いので、とんでもないことになります。

正確さを競うのではなく、あくまで意識づけに使います。

 

③単元のまとめで活用

単元のまとめとして、白地図にまとめていくのも面白いですよ。

学んだことや、自分の考えを白地図にまとめていくといいと思います。

子どもも熱心に取り組みます。

 

小学校社会科 便利な白地図 HP CraftMAPの記事でした。

読んでいただきありがとうございます。

 

小学校外国語5年生 Wecan1 unit9 Who is your hero? 2時間目

f:id:kumayamamoto:20181208102913p:plain

 

先日、Wecan1 unit9のWho is your hero?の一時間目、導入について、

実践を公開させていただきました。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

前回は、内容を復習中心にし、今まで何度も授業で行った活動を中心に組みました。

とても盛り上がったようです。

 (自分がいなくてもできるようにすることが大事)

 

2時間目の授業は、インタビューなどのコミュニケーションを中心に組みました。

 

今回も、 

 誰でも簡単に(Easy)

 誰でも楽しく(Enjoy)

 誰でも授業のねらいが達成できるように(effect)

気をつけました。

 

○目標

関:自分から進んで挨拶する。

慣:英語で自分のできることを伝える。

気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

 

○使用教材、準備(教師)

ファイル(B5)、振り返りカード、フラッシュカード、ミニカード

 

○使用教材、準備(児童)、教室

筆箱(鉛筆)、振り返りカード、インタビューシート(クラス名簿)

 

 

○活動内容

Introduction

あいさつ Hello, every one.

let’s say

○単語の復習する。また、新たな言葉を知る。

Let’s listen1 P68

○登場人物が何か得意か聞いて、線を結ぶ

Let’s play the game1

○【key word game】(時間がないので少しだけ)

ペアを作り、2人の間に1つの消しゴムを置く。 ※手は頭の上に置く。

教師の言う単語を聞き、キーワード以外の言葉は繰り返し後に続いて言う。

キーワードが聞こえたら消しゴムを取る。(No, I cantでとる)

A, B: Hello.

A:I Can play baseball.

   I Can play basketball.

He やShe なども練習する。

【Let’s Watch and Think】p.66, 67

○映像資料を視聴し, 自分にとってのヒーロー/ヒロインについて話すのを聞き、分かったことを教科書に書き、発表する。

Lets interview.

○Lets interview ○自分にとってのヒーロー/ヒロインを決めて、友達に伝える。

A, B: Hello.

A:My hero is ~~。

   He can play basketball.

A,B: Thank you. Bye. 

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。※時間に余裕があれば、感想を児童が

 発表。

 

「小学校外国語5年生 Wecan1 unit9 Who is your hero? 2時間目」の記事の紹介でした。

 

読んでいただき、ありがとうございました。 

 

小学校体育 体つくり&授業の導入に コーン倒し

f:id:kumayamamoto:20190303211053p:plain

 

今回は、いつもの外国語の実践ではなく、体育の実践です。

 

体育で、急な雨などで、やることがなくて困ったことは、ありませんか?

 

今回は、そんな時に役立つ実践です。

使う教材はコーンだけ。

 

すぐに出来て、子どもたちも盛り上がります。

 

「コーン倒し」

 

①クラスで、四人から七人程度のチームを作りましょう。

 

②人数➕3ぐらいの数だけのコーンを準備します。

コーンの数は、多いほど、盛り上がります。

正方形の線を引きます。

コーンは、正方形の線の中に入れます。

大きさは、適当に。

 

 

③コーンを倒すチームと起こすチームに別れます。

2チーム対抗です。

 

④コーンを倒す、起こすを時間内に繰り返し競います。

 

⑤ルールを徹底させましょう。

例えば、一つの場所に居てはいけない。

               倒す、起こすのをじゃましてはいけません。

               一人狙いはやめましょう。など。

 

⑥導入として、2チームで競わずに1チームで全てのコーンを倒すタイムトライアルをしても面白いです。

 

困った時に、是非やってみてください。

盛り上がります!