パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 簡単インタビューゲーム「3Hint game」(Let's Try1 unit8)

 

f:id:kumayamamoto:20181111173802p:plain

 

小学校外国語 簡単インタビューゲーム「3Hint game」(Let's Try1 unit8)のご紹介です。

  

新しい3年生/教材のLet's try1では、What's this?を使って、ある物を尋ねたりする活動が設定されています。

 

今回は、尋ねる際に子供が思考するインタビュー活動を紹介したいと思います。 

 

 ゲーム名:「3Hint game」

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

 ペア活動

(グループでもできます。)

 

③英単語

What’s this?

Hint, please.

It’s (a fruit).

It’s (green).

It’s (a melon).

 

英単語(数(1~30), 果物・野菜, 飲食物, 動物, 色,形, 状態・気持ち, what, is, this, pleaseなどの今まで習った単語)

 

④準備物

アルファベット、英単語のフラッシュカード 

友達のインタビューを記録する用紙

クイズのヒントを答えを書いておく用紙

(絵などで答えを書いておくと解り易い。)

(ヒントも絵などで準備しておくと進行がスムーズに進みます。) 

 

⑤ゲームの指導方法 ルール

1:黒板に英単語のフラッシュカードを貼っておく。 

 英単語(果物、色、スポーツ、教科などの今まで習った単語)などは、事前にゲームなどで復習しておくといいと思います。

 

2:ヒントを考える。

たとえば、pandaなら、animalやblack and whiteなどのヒントを考える。

 

三つもヒントが浮かばない場合は、最初の一つか最後の一つはジェスチャーでもいいことを知らせましょう。 

 

また、答えを書いた用紙を持っておくと良いと思います。 

 

3:友達に3HIntクイズを出す。

先生がデモンストレーションすると子供が理解が早いと思います。

 

 

A B:Hello.

A:Hint 1.It’s a fruit. 

A:Hint 2.It’s red

A:イチゴを食べるジェスチャー

A:What this?

 

B:It’s a strawberry.

A:Yes!

   That's right.

 

AとBの役割を交換して、繰り返す。

 

インタビューの流れはこんな感じです。

 

全体で練習

→ペアで練習。(何回か)

→自由に色んな人に聞きに行く。

    

 

お勧めは中学年・高学年でしょうか。  

 

今回のゲームをやる前に、ゲームで英単語に慣れておくといいと思います。

お勧めは、「Goゲーム」や「missing game」でしょうか。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 是非使って下さい!

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 

小学校外国語 簡単インタビューゲーム「3Hint game」(Let's Try1 unit8)のご紹介でした。

小学校外国語 簡単ゲーム「5finger game」を月の単語でも使おう。(We can1 unit2)

f:id:kumayamamoto:20181109235151p:plain

 

小学校外国語 簡単ゲーム「5finger game」を月の単語でも使おう。(We can1 unit2)のご紹介です。

  

新しい5年生/教材のwe can1では、自分の誕生部を伝えたり、友達の誕生日を聞く活動が設定されています。

 

前の記事で使用した5finger gameを使って、月の単語に慣れしませたいと思います。

  

 ゲーム名:「5 finger game」

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

 全体で

(グループでもできます。)

 

③英単語

January February March April May June July August

September October November December

 

使用する英単語のフラッシュカード 

教科書

できれば、黒板掲示用に拡大した教科書

もしくは、実物投影機、プロジェクターなどで教科書を黒板に拡大する。

 

⑤ゲームの指導方法 ルール

1:黒板に使用する英単語のフラッシュカードを貼っておく。 

また、できれば実物投影機の準備をしておく。 

 

月の単語は一度、発音の練習をしておきましょう。

  

2:子供に教科書を開かせる。

ルールの説明をする。

 

教師が単語を一つ読み上げる。

※子供は必ず教師に続いて、繰り返す。

 

子供は、どの指でも良いので、教師が読み上げた単語を教科書から探し、指を置く。

置く指はどの指でも構わない。

5本置けるまで繰り返す。

手を離さずに置けた人の勝ち。

 

3:実際にゲームをする。

数回繰り返す。

 

T:教師 C:子供

 

T:February

C: February (中指を教科書に置く。) 

T: November.

C: November.(親指を教科書に置く。) 

最後の指まで繰り返す。

 

慣れてきたら、教師役を子供に任せても、面白いです。

 

お勧めは中学年・高学年でしょうか。  

 

是非使って下さい!

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 

小学校外国語 簡単ゲーム「5finger game」を月の単語でも使おう。(We can1 unit2)のご紹介でした。

小学校外国語 所見&評価「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう」(Let's Try2 Unit8)

f:id:kumayamamoto:20180916103414p:plain



 

小学校外国語 所見&評価「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう」(Let's Try2 Unit8)のご紹介です。

 

今回は、Let's Try2 Unit8の所見や評価についてまとめました。

所見を書く際にどんな文面にするか困ることも多いと思います。

参考にして下さい。 

 

Let's Try2 Unit8「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう」

 

所見の具体的な記述としては以下のようになります。  

 指導内容は以下の記事を参考にして下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

〇知識及び技能

・Unit8「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう. 」では、Turn right saimon says gameゲームに楽しそうに参加していました。ゲームに何度も取り組むことで、方向を伝える表現に慣れ親しむことができました。

・Unit8「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう. 」では、5finger gameゲームに意欲的に取り組むことで、教室の言い方に慣れ親しむことができました。

 

〇思考力、判断力、表現力等

・Unit8「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう. 」では、校舎図を使って、好きな場所に友達を案内することができました。

・Unit8「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう. 」では、実際に校内を歩きながら、自分が気に入っている校内の場所に友達を案内したり,その場所について伝え合ったりすることができました。 

 

〇 学びに向かう力、人間性

・Unit8「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう. 」では、意欲的に授業に参加していました。自分の好きな場所を伝えようとジェスチャーをしたり、工夫することができました。

・Unit8「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう. 」では、意欲的に授業に参加していました。実際に校内を歩きながら、相手に伝わりやすいようにはっきりと発音することができました。

 

所見の文章は難しいですね。

皆さんの参考になれば幸いです。

 

小学校外国語 所見&評価「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう」(Let's Try2 Unit8)のご紹介でした。

小学校外国語 掲示物や教材を作る際に参考にするホームページ「えいごばたけ」

 

f:id:kumayamamoto:20181031224930p:plain

出典:【えいごばたけ】 無料こども英会話教材| 幼児、小学校、こども英語教育

  

小学校外国語 掲示物や教材で参考にするホームページ「えいごばたけ」のご紹介です。

 

みなさんは英語の教材をどのように準備されているでしょうか。

 We canやLet's try には無料で印刷できるフラッシュカードなどもあるので、こちらを使っている方も多いと思います。

 

しかし、  We canやLet's try以外のフラッシュカードを使いたいと思ったことはないでしょうか。

 

今回は、無料でさらに使いやすく、可愛いフラッシュカードをホームページでダウンロードできるホームページの紹介です。

 

紹介させていただくのは「えいごばたけ」。

 

eigobatake.x0.com

 

このえいごばたけ、無料のフラッシュカードが充実しています。

 

f:id:kumayamamoto:20181031225252p:plain

出典:【えいごばたけ】 無料こども英会話教材| 幼児、小学校、こども英語教育

 

基本的なものから、ハロウィンやクリスマスまでイベントまで対応しています。

We canやLet's try以外のフラッシュカードでは、物足りないなというときにとても使えます。

 

f:id:kumayamamoto:20181031225710p:plain

出典:【えいごばたけ】 無料こども英会話教材| 幼児、小学校、こども英語教育

 

また、ビンゴカードや そのたの教材も充実しています。

 特に短時間学習などで、何をするのか困ってしまったときに活用していました。

 とても使えるホームページです。

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 

小学校外国語 掲示物や教材で参考にするホームページ「えいごばたけ」のご紹介でした。

 

小学校外国語活動 指導案「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう」(Let's Try2 Unit8)

 

f:id:kumayamamoto:20180916103414p:plain

 出展:文部科学省 

 

今回は、「小学校外国語活動 指導案「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう」(Let's Try2 Unit8)」の紹介です。

 

一単元の流れを自分なりにまとめてみました。

 

今回の指導案も、外国語活動が苦手な人、英語が苦手な人向けに書いています。

少しでも参考になれば参考です。

 

単元目標や領域別目標などは、文部科学省から発行されている指導案を参考にしています。(授業の流れはオリジナルです。)

 

1.単元目標 

・教室名の言い方や道案内の仕方に慣れ親しむ。(知識及び技能)
・自分が気に入っている校内の場所に案内したり,その場所について伝え合ったりする。(思考力・判断力・表現力等)
・自分が気に入っている場所について伝え合おうとする。(学びに向かう力,人間性等)


2. 言語材料

○ Go straight. Turn [right / left]. Stop. This is (the music room). This is my favorite place. Why? I like(music).
○ favorite, place, my, our, go, why, straight, 学校・教室等(classroom, restroom, [science / music / arts and crafts / computer / cooking] room, [school nurse’s / school principal’s / teachers’] office, entrance,library, gym, playground)

 

 

3. 該当する学習指導要領における領域別目標

 〇聞くこと  イ  ゆっくりはっきりと話された際に,身近で簡単な事柄に関する基本的な表現の意味が分かるようにする。
〇話すこと(やり取り) ウ  サポートを受けて,自分や相手のこと及び身の回りの物に関する事柄について,簡単な語句や基本的な表現を用いて質問をしたり質問に答えたりするようにする。

〇話すこと(発表) イ  自分のことについて,人前で実物などを見せながら,簡単な語句や基本的な表現を用いて話すようにする。

 

 4.単元計画(合計4時間)

1時間目(目標◆と主な活動【 】)

◆教室名の言い方,道案内の仕方に慣れ親しむ。
 

【Activity】どこの教室か当てよう。What room? game

 

導入は、どこの教室か当てよう。What room? gameで。 

クイズ形式は盛り上がります。

 

詳しくは以下の記事をごらん下さい。

pandasensei.hatenadiary.com

  

○ 教室名の言い方や道案内の言い方に慣れ親しむ。

教師やALTが英語を言い、子供が続いて言います。

リズムを変えたり、子供に代表して言わせるなど、飽きない工夫をしながら、何度か言わせましょう。

 

【Activity】Turn right saimon says game

 

pandasensei.hatenadiary.com

アクティビティで盛り上がりましょう。

 まずは教師が主導して、行うのが良いと思います。

慣れてきたら、教師役を子供にやらせましょう。 

 

○振り返り

本時の学習を振り返る。

出来れば、振り返りカードを書かせましょう。

 

評価〈方法〉: 教室名の言い方,道案内の仕方に慣れ親しむことができた。
〈行動観察、振り返りカード点検〉 

2時間目(目標◆と主な活動【 】、○)

◆教室名の言い方,道案内の仕方に慣れ親しむ。

◆世界と日本の学校生活の共通点や相違点を通して,多様な考え方があることに気付く。

 

【Activity】Turn right saimon says game

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

導入は、アクティビティで。

前時の繰り返しになりますが、

同じゲームをすることが児童は安心して授業に取り組めます。 

 

○ 教室名の言い方や道案内の言い方に慣れ親しむ。

教師やALTが英語を言い、子供が続いて言います。

  

【Activity】5Finger geme

 

2時間目のアクティビティは、5Finger gemeで。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。 

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

【Let’s Watch and Think 2】

・教科書p.32を使います。
映像資料を視聴します。

気付いたことを教科書に記入するように児童に指示しましょう。
時間が余れば、映像資料の内容について,先生が質問してもいいと思います。

 

○振り返り

本時の学習を振り返る。

出来れば、振り返りカードを書かせましょう。

 

評価〈方法〉:◆教室名の言い方,道案内の仕方に慣れ親しむことができた。

◆世界と日本の学校生活の共通点や相違点を通して,多様な考え方があることに気付くことができた。

 〈行動観察、振り返りカード点検〉

 

3時間目(目標◆と主な活動【 】、○)

◆教室名の言い方,道案内の仕方に慣れ親しむ。

 

導入は、5finger gameで。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。 

 

前時と繰り返しになるので、盛り上がると思います。

教師の準備も簡単。

 

【Activity】5Finger geme

詳しくは以下の記事をご覧下さい。 

pandasensei.hatenadiary.com

 

○ 教室名の言い方や道案内の言い方に慣れ親しむ。

教師やALTが英語を言い、子供が続いて言います。

 

【Activity】「校舎図を使って、友達を案内しよう。Guide your friends!」

(Let's Try2 unit8)

 新しい4年生/教材のLet's try2では、学校内の自分の好きな場所を紹介する活動が設定されています。

できれば、実際に校舎内を歩かせて、英語で案内させたいところです。

このアクティビティは、実際に案内させる前の練習に最適です。

地図(校舎図)を使うことで、気軽に学校内の好きな場所に案内する練習をすることができます。  

 

次のアクティビティの練習として、ご活用下さい。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。 

pandasensei.hatenadiary.com

  

 ○振り返り

本時の学習を振り返る。

出来れば、振り返りカードを書かせましょう。

 

評価〈方法〉: ◆教室名の言い方,道案内の仕方に慣れ親しむ。
〈行動観察、振り返りカード点検〉

4時間目(目標◆と主な活動【 】、○)

◆自分が気に入っている場所について伝え合ったり,紹介することができた。

 

○ 教室名の言い方や道案内の言い方に慣れ親しむ。

教師やALTが英語を言い、子供が続いて言います。

 

 

【Activity】「校舎図を使って、友達を案内しよう。Guide your friends!」

(Let's Try2 unit8)

 

授業の導入として、校舎図を使って、練習しましょう。

pandasensei.hatenadiary.com

 

【Activity】自分の好きな場所を案内しよう。Guide your friends!」(Let's Try2 unit8)

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

本単元のゴールとして、実際に校舎内を歩いて、自分の好きな場所を案内させます。

実際に校舎内を案内知り場合の文例は以下の通りです。

 

 

C1:道案内する子供  

C2:道案内される子供

 

C1 C2: Hello.

C2:where is the ~~

C1:Go straight

  turn right  

  Here.(Stop) 

(目的の教室まで道案内する。

C2:This is (the music room).

(日本語でいいので、好きな理由を伝える。)

C1:Good.

(役割を変えて繰り返す。)

C1 C2:Thankyou

 

各教室に、指令なども貼っておくと盛り上がります。
指令の例 

・月~金の曜日を言え。       

・1~12月の月を言え。
・1~30までの英語を言え。 

 

ペアでも、グループでもできます。 

 

 

教室で最後に 代表者数名に全体の前で発表させてもいいでしょう。

 

評価〈方法〉:自分が気に入っている場所について伝え合ったり,紹介することができる。

 〈行動観察、ワークシート・振り返りカード点検〉

 

子供が英語嫌いにならないように、スモールステップで授業を組み立てています。

少しずつ変化を加えながら、子供が飽きないように、かつ、誰でも授業に参加できるように組み立てました。

 

解りづらいところがあれば、コメント欄でも質問して下さい。

この記事がお役に立てれば、幸いです。

 

小学校外国語活動 指導案「This is my favorite place. お気に入りの場所をしょうかいしよう」(Let's Try2 Unit8)のご紹介でした。