パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

小学校の先生方に見て欲しい。外国語で苦労されている先生が少しでも楽になれますように。そして、子供達が授業を面白いと思ってくれれば最高です。

小学校外国語ゲーム「数字で遊ぼうじゃんけんPlusゲーム」(Let's Try1 unit3)

f:id:kumayamamoto:20180204193258j:plain

 

こんにちは。 パンダ先生です。

 

今回は、小学校 外国語の授業で使えるゲームを紹介します。

紹介するのは、「数字で遊ぼうじゃんけんPlusゲーム」です。

 

使用する英単語は数字( 1~10)です。

 

このゲームは準備がなにもいらないのが楽なところです。

 

子供が大好きなじゃんけんを取り入れているので、盛り上がります。

 

f:id:kumayamamoto:20180204193244j:plain

 ゲーム名:「数字で遊ぼう じゃんけんPlusゲーム」

①対象

小学校 中学年 高学年

※児童の実態によっては、低学年でも大丈夫です。 

 

②人数

ゲームを行うのは2人

※ゲームのやり方によっては、3人や4人など人数を増やせます。

 

③英単語

数字(1-10)などの英単語を使用。 

 

④準備物

数字(1-10)のフラッシュカード

 

⑤やり方(ルール)

1:黒板に数字(1-10)のフラッシュカードを貼っておく。

 

2:子供たちはペアで向かい合う。

“Plus, plus, one, two, three.”と言って、じゃんけんの要領で手を出す。

その際に、指を1本から5本まで自由に出せることを子供たちに伝える。

 

3:同時に出した指の本数を足した数を早く言った方が勝ち。

 

 

一度、教師と子供で対戦しながら、デモンストレーションを行うのがいいと思います。

勝ったときや負けたときに大げさにリアクションすると盛り上がります。

  

ただ、英語の数字を覚えていない子供は負け続けてしまうので、配慮が必要です。

数字の英語にある程度、全員が慣れ親しんだあとに行ってください。 

 

また、2対2の4人対戦なども面白いです。

 

今回の英単語は、1~10の数字でしたが、 その他の数字でもできます。

両手にして、11~20にしたり、序数を使ったり。

月の英単語にしても、面白いです。

 

また、足し算だけではなく、掛け算や引き算でもゲームができます。

 

是非使って下さい!

 
数字を使ったゲームですと「100 Bombゲーム」もお勧めです。

今回は、小学校 外国語の授業で使えるゲーム「数字で遊ぼうじゃんけんPlusゲーム」の紹介でした。