パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

小学校の先生方に見て欲しい。外国語で苦労されている先生が少しでも楽になれますように。そして、子供達が授業を面白いと思ってくれれば最高です。

子供たちに読み聞かせをしたい英語の絵本「The Runaway Bunny」

The Runaway Bunny (Essential Picture Book Classics)

子供たちに読み聞かせをしたい英語の絵本の紹介です。

 

今回の絵本は「The Runaway Bunny」です。

「ぼくにげちゃうよ」という題名で翻訳もされていますね。

 

 作者はMargaret Wise Brown (著), Clement Hurd (イラスト)

「Good noght moon」の作者として有名です。

 

「Good noght moon」は以下の記事で紹介しています。

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

母子の愛情が伝わる素敵な絵本です。

 

f:id:kumayamamoto:20180225220247j:plain

 

あるうさぎの母子の物語です。

あるとき、子うさぎが母親にいいました。

 

「ぼくにげちゃうよ。」

 

「母さんが追いかけてきたら、ぼくは魚になって泳いでいっちゃうよ」といいます。

 

f:id:kumayamamoto:20180225220254j:plain

 

母さんうさぎは「おまえが魚になるのなら、母さんは漁師になって、おまえをつり上げてあげますよ」と答えました。

 

f:id:kumayamamoto:20180225220259j:plain

 

このような空想の追いかけっこが続きます。

カラーの挿絵も優しい絵柄です。

 

f:id:kumayamamoto:20180225220305j:plain

 

子うさぎは山に逃げたり。

 

f:id:kumayamamoto:20180225220309j:plain

 

もちろん、母さんうさぎは追いかけます。

 

f:id:kumayamamoto:20180225220314j:plain

 

f:id:kumayamamoto:20180225220320j:plain

f:id:kumayamamoto:20180225220325j:plain

 

サーカスに逃げたりします。

 

何といってもも、母子の空想上のやり取りが微笑ましい。

 

母親の愛情が感じられます。 

 

次はどこに逃げるのかなと続きを読みたくなります。 

 

英文は少し難しいですが、同じような表現が繰り返されるので、読みやすいです。

 

小学校の低学年から中学年まで、お勧めです。 

 

The Runaway Bunny (Essential Picture Book Classics)

The Runaway Bunny (Essential Picture Book Classics)

 

 

日本語版もお勧めです。

 

 

ぼくにげちゃうよ (海外秀作絵本)

ぼくにげちゃうよ (海外秀作絵本)

 

 

子供たちに読み聞かせをしたい英語の絵本「The Runaway Bunny」の紹介でした。

 

読んでいただき、ありがとうございました。