パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

小学校の先生方に見て欲しい。外国語で苦労されている先生が少しでも楽になれますように。そして、子供達が授業を面白いと思ってくれれば最高です。

アルファベットを書く授業に「アルファベットビンゴ」!

f:id:kumayamamoto:20180317212217j:plain

 

アルファベットを書かせる授業で「アルファベットBINGO」はどうでしょうか。

どの子も楽しんで書くことができます。

 

子どもはビンゴが大好き。

盛り上がります。

 

一時間の流れはこんな感じです。

 

・目標 

アルファベットを四線に書き写す。 

 

・使用教材、準備(教師) 

振り返りカード、フラッシュカード、 四線ビンゴカード

 

 

 

○活動内容 

Introduction 

○あいさつ 

Hello, every one. How are you? What day is it today? 

  

Let’s Quiz 

(15min) 

アルファベット成り立ちクイズ 

①この絵は何のアルファベットに? What’s this picture in the alphabet? 

②どのようにAに? How to become A? 

③次の文字はどんな絵からできた? 

④次の絵からどんな文字ができたのかな? 

Let’s say 

Let’s writing 

(10分) 

○アルファベット(小文字)の言い方を確かめる。 

 アルファベットと四線の書き方を確認する。

Let’s play the game1 

(15min) 

○【Bingo game】 

 四線ビンゴシートにアルファベットを書いてみる。

 3×3のビンゴを行う。 

 

Look back(5min) 

○Look back 

 本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。 

 

 

アルファベット成り立ちクイズは以下の記事で紹介しています。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

アルファベットを書くことは子どもにとってハードルが高いものです。

ビンゴという目的を持たせることで、意欲的にアルファベットを書くことができます。 

 

皆様の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語が面白いと思って欲しいと思います。