パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 必ず盛り上がる簡単面白ゲーム「感染ジャンケン ゲーム」

f:id:kumayamamoto:20180420222958p:plain

 

今回は、小学校 外国語の授業で使える「感染じゃんけん」ゲームを紹介します。

 

色々な英単語で使えます。

英文も使って、ゲームを行うことが可能です。

色々な場面で使いやすいです。 

 

進化じゃんけんゲームと同じように、ルールも簡単なので、中学年(小学校3年、4年)の外国語活動で活用することができます。 

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

進化じゃんけんゲーム の後にやっても盛り上がります。

 進化ジャンケンゲームと同じように、使う英単語は、何度か発話する練習をしたり、歌などを使って、慣れさせておくと導入がスムーズです。 

 

 ゲーム名:「感染ジャンケン ゲーム」

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

全員で行います。

 

③英単語

様々な英単語が使用可能。

英文も一緒に教えることができます。

 

使いやすいのは、動物です。

教師が誘導すれば、食べ物でも、曜日や月などでもできます。

 

④準備物

英単語のフラッシュカード

 

⑤ルール

1:黒板に英単語のフラッシュカードを貼っておく。

  英単語や英文の発話練習もしておく。 

  ※今回は動物で行います。

 

2:先生はルールを説明する。

T:これから感染じゃんけんというゲームをします。

   みんなには、好きな動物になってもらいます。

   中学年や乗りがいい高学年は、ジェスチャーもさせると

   盛り上がります。 

   Mouseの人はMouse以外の人とジャンケンしましょう。

   Mouseと言い、ジェスチャーしながら相手を探しましょう。

   例えば、MouseとDogでじゃんけんをします。

  Dogの人が勝ったとします。

 すると負けた人はDogになってしまいます。

 次の相手を探しましょう。 

 

3:先生は、子供やALTを使ってデモンストレーションしましょう。

 

4:まずは、ペアで練習させるといいと思います。

 

5:最後に子供たちは自由に動きながら、じゃんけんをしていく。

 

4:英単語ではなくI like cat.などの英文でもゲームができます。

  慣れてきたら、英文をレベルアップさせましょう。 

 

これも、児童が盛り上がる定番ゲームです。

何度もやりたがります。 

 

是非、授業で活用してみて下さい!

 

小学校外国語 必ず盛り上がる簡単面白ゲーム「感染ジャンケン ゲーム」でした。