パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 簡単面白ゲーム「How are you バスケット game」(Let's Try1 unit2)

f:id:kumayamamoto:20180505083659p:plain

出典:https://45mix.net/furu-tubasuketto/



小学校外国語 必ず盛り上がる簡単面白ゲーム「How are you バスケット game」のご紹介です。

  

新しい3年生向け教材のLet's try1 unit2 でもHow are you?が取り上げられています。 

 

前の記事でも、How are you?を使ったゲームを紹介させてもらいました。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

今回は、もう一つHow are you? を使ったゲームを紹介させてもらいます。

 

元にしているゲームはみんな大好き「フルーツバスケット」。

 

子供が知っているゲームを元にしているので、すぐに盛り上がることができます。

 

 ゲーム名:「How are you バスケットゲーム」

①対象

小学校 低学年  中学年

(5年生ぐらいなら、盛り上がるかも)

 

②人数

 

クラス全体で行います。

 

③英単語

 

How are you?

I'm fine.

I'm good.

I'm humgry.

I'm sleepy.

I'm hot.

I'm cold.

など

 

④準備物

英単語のフラッシュカード 

英単語のミニカード

 

⑤ゲームの指導方法 ルール

1:黒板に英単語のフラッシュカードを貼っておく。

 

2:ジェスチャーを決めておく。

たとえば、

I'm humgry.

おなかを抑える。

 

I'm sleepy.

眠そうにする。

 

I'm hot.

 暑そうに手で顔を扇ぐ

 

など。

 

3:鬼役を一人決める。

始めは教師が鬼役になると見本として、子供が解り易くなる。

 

4:他の子供は鬼を取り囲むように内側を向き円状に座る。

子供たちの実態によって、椅子を使うか決めて下さい。

落ち着かない子は椅子があった方が、落ち着きます。

 

5:英単語のミニカードを配る。

 

I'm sleepy.

I'm hot.

など が書かれたカード(イラストも描かれていた方が、子供は解り易いです。)を子供に一人一枚配って下さい。

 

6: 全員で、鬼役の人にHow are you?と言う。

鬼役は、自分の気分を答えます。

 例えば、鬼役の人が

I'm humgry.

と答えたら、 I'm humgry.のカードを持っている子供が動きます。

 

その際に、鬼役の後に、全員でI'm humgry.を繰り返し話すように徹底させましょう。

動き出す合図を先生が出しても良いと思います。

 

全員:How are you?

鬼役:I'm humgry.

全員:I'm humgry. 

先生:Goや太鼓 など、動き出しの合図

I'm humgry.のカードを持った子が動きだす。 

 

7:I'm humgry.のカードをもった子は席を交換する。

鬼役はこの席の交換の機会に開いている席を取ろうとする

鬼役が席に座ることができた場合には、座れなかった者が新たに鬼役となる。

 

以下のルールを事前に伝えても良いと思います。

隣の席に移動するのは禁止。

移動しなかった場合は鬼役になる。 

 

お勧めは低学年・中学年でしょうか。 

 

ミニカードを使わずに行う方法もあります。

 

是非使って下さい!

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 

小学校外国語 必ず盛り上がる簡単面白ゲーム「How are you バスケット game」のご紹介でした。