パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 必ず盛り上がる簡単面白ゲーム「Don't say Zゲーム」(Let's Try1 Unit6)(Let's Try2 Unit6)

 

f:id:kumayamamoto:20180630174254j:plain

 

こんにちは。 

パンダ先生です。

 

小学校外国語 必ず盛り上がる簡単面白ゲーム「Don't say Zゲーム」(Let's Try1 Unit6)(Let's Try2 Unit6)の紹介です。 

 

今回は、アルファベット( 大文字、小文字)で使えるゲームを紹介します。

 

3年生向け英語の教材であるLet's Try1のUnit6の授業でも使えます。

 アルファベットに慣れさせる際のゲームとしてとても盛り上がります。

4年生の小文字でも使えます。

 

 今回のゲームは、前に紹介した「Don't say 20ゲーム」とゲームの進め方が似ています。 

「Don't say 20ゲーム」に興味をもたれた方は、

以下の記事を読んでみて下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

ゲーム名:「Don't say Zゲーム」

 

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

ペア活動

3人や4人のグループでも盛り上がります。

 

③英単語

アルファベット(大文字)などの英単語を使用。

小文字でもできる。 

 

④準備物

アルファベットのフラッシュカード

児童の実態によっては、手元にアルファベットが書かれたミニカードがあると便利です。

 

⑤ルール

1:黒板にアルファベットのフラッシュカードを貼っておく。

                

2:先生と代表の子供がデモンストレーションを行う。

順番にアルファベットを言う。

言えるアルファベットは三つまで。

Zを言った方が負け。

 

先生:ABC

子供:DE

先生:FGH

子供:IJK

先生:LM

子供:NOP

先生:QRS

子供:TUV

先生:W

子供:XY

先生:Z

 

(先生の負け)

どうしてもアルファベットが言えない子は、友達が英語の言い方を教えても良いことにします。

 

3:ペアで練習を兼ねて、複数回勝負する。

 

4:時間を決めて、自由に友達と勝負する。

 

 

準備物がいらないのがこのゲームの良いところです。

 Don't say 20ゲームを事前にしておくと進行がスムーズです。

 

アルファベットは他のゲームや歌で慣れておくとゲームが盛り上がります。 

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 小学校外国語 必ず盛り上がる簡単面白ゲーム「Don't say Zゲーム」(Let's Try1 Unit6)(Let's Try2 Unit6)のご紹介でした。

 

是非使って下さい!

 

皆様の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語が面白いと思って欲しいと思います。