パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 簡単インタビューゲーム「3Hint game」(Let's Try1 unit8)

 

f:id:kumayamamoto:20181111173802p:plain

 

小学校外国語 簡単インタビューゲーム「3Hint game」(Let's Try1 unit8)のご紹介です。

  

新しい3年生/教材のLet's try1では、What's this?を使って、ある物を尋ねたりする活動が設定されています。

 

今回は、尋ねる際に子供が思考するインタビュー活動を紹介したいと思います。 

 

 ゲーム名:「3Hint game」

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

 ペア活動

(グループでもできます。)

 

③英単語

What’s this?

Hint, please.

It’s (a fruit).

It’s (green).

It’s (a melon).

 

英単語(数(1~30), 果物・野菜, 飲食物, 動物, 色,形, 状態・気持ち, what, is, this, pleaseなどの今まで習った単語)

 

④準備物

アルファベット、英単語のフラッシュカード 

友達のインタビューを記録する用紙

クイズのヒントを答えを書いておく用紙

(絵などで答えを書いておくと解り易い。)

(ヒントも絵などで準備しておくと進行がスムーズに進みます。) 

 

⑤ゲームの指導方法 ルール

1:黒板に英単語のフラッシュカードを貼っておく。 

 英単語(果物、色、スポーツ、教科などの今まで習った単語)などは、事前にゲームなどで復習しておくといいと思います。

 

2:ヒントを考える。

たとえば、pandaなら、animalやblack and whiteなどのヒントを考える。

 

三つもヒントが浮かばない場合は、最初の一つか最後の一つはジェスチャーでもいいことを知らせましょう。 

 

また、答えを書いた用紙を持っておくと良いと思います。 

 

3:友達に3HIntクイズを出す。

先生がデモンストレーションすると子供が理解が早いと思います。

 

 

A B:Hello.

A:Hint 1.It’s a fruit. 

A:Hint 2.It’s red

A:イチゴを食べるジェスチャー

A:What this?

 

B:It’s a strawberry.

A:Yes!

   That's right.

 

AとBの役割を交換して、繰り返す。

 

インタビューの流れはこんな感じです。

 

全体で練習

→ペアで練習。(何回か)

→自由に色んな人に聞きに行く。

    

 

お勧めは中学年・高学年でしょうか。  

 

今回のゲームをやる前に、ゲームで英単語に慣れておくといいと思います。

お勧めは、「Goゲーム」や「missing game」でしょうか。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 是非使って下さい!

 

そのほかのゲームは単元ごとに以下の記事にまとめています。 

pandasensei.hatenadiary.com

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 

小学校外国語 簡単インタビューゲーム「3Hint game」(Let's Try1 unit8)のご紹介でした。