パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 簡単インタビュー「He/She is my hero.」

f:id:kumayamamoto:20181208102913p:plain

出典:文部科学省

小学校外国語活動 簡単インタビュー「小学校外国語 簡単インタビュー「He/She is my hero.」」のご紹介です。

 

新しい5年生/教材のwecan1では、身近な人をヒーローとして紹介する活動が設定されています。

 

文部科学省から提示されているインタビュー活動そのままだと、児童の実態によっては、難しいときもあるのかなと思っています。

 

(詳しくは以下の記事で!)

pandasensei.hatenadiary.com

 

そこで今回は、文部科学省の事例をもとに、簡単にしたインタビュー活動を紹介したいと思います。 

「Who is your hero?」(We can1 Unit8)などの単元の導入でも使えます。

 

 ゲーム名:「He/She is my hero.

①対象

小学校  高学年

 

②人数

ペアでもグループ(4人から6人)でも。

代表者が全体の前で 発表するのも良いと思います。

 

③英単語

Who is your hero?

This is my hero.

[He / She] is good at (playing tennis).

[He / She] is a good (tennis player).
[He / She] can (cook well).

[He / She] is [kind / cool / great / strong / gentle / active / brave / funny].
hero,

状態・気持ち

(active, cool, fantastic, friendly, gentle, kind, brave, funny, strong, tough), 

その他、今までの既習事項の英単語も使います。

 

④準備物

使用する英単語のフラッシュカード

ワークシート

 

⑤ルール・活動の流れ

1:黒板には、使うフラッシュカードを貼っておきます。

事前に使う英単語は、ゲームなどで慣れ親しんでおきましょう。

 「Goゲーム」などはどうでしょう。

pandasensei.hatenadiary.com

 

2:ワークシートに沿って、紹介する人を決めます。

 

①This is my hero. 

②He/She is my friends. 

 紹介したい友達の名前を書きましょう。(                      ) 

 

正式には、Her name is になると思うのですが、

少し難しいので、 He/She is my friends.のあとに続けて名前を言うようにしています。

 

③友達の得意なものに〇をつけましょう

f:id:kumayamamoto:20181208153542p:plain

出典;文部科学省

 

友達の得意なもの、いいところを紹介しましょう。

He/She can play ~
He/She is ~


ここが難しいと思うので、事前に慣れ親しませておくか、教師がデモンストレーションで何個か作ってみせるといいと思います。

 

⑤He/She is my hero.

を最後に言わせます。

 

3:紙芝居形式のプレゼンテーションの準備をする。

 

ただ、文字だけですと、覚えるのが難しいです。

そこで、紙芝居形式のプレゼンテーションはどうでしょうか。

タブレットを使うと準備が簡単です。)

 

アナログの場合は以下の手順で行います。

 

①友達の似顔絵を書き、ローマ字で友達の名前を書きます。

This is my hero. 

He/She is my friends. 

と書かせましょう。

②友達の得意なものやいいところを絵に書きます。

He/She can play ~
He/She is ~

 と書きましょう。

 

4:準備した紙芝居形を元に友達に紹介します。

 

 

説明が解り難かったら、申し訳ないです。 

 

是非使って下さい!

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 

小学校外国語 簡単インタビュー「He/She is my hero.」のご紹介でした。