パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 所見&評価「What’s this? これなあに?」(Let's Try1 Unit8)

f:id:kumayamamoto:20181111173802p:plain

 

小学校外国語 所見&評価「What’s this? これなあに?」(Let's Try1 Unit8)のご紹介です。

 

今回は、Let's Try1 Unit8の所見や評価についてまとめました。

所見を書く際にどんな文面にするか困ることも多いと思います。

参考にして下さい。 

 

Let's Try1 Unit8「What’s this? これなあに?」 

 

所見の具体的な記述としては以下のようになります。  

指導内容は以下の記事を参考にして下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

〇知識及び技能

・Unit8「What’s this? これなあに? 」では、What's this gameに積極的に参加していました。友達が隠したフラッシュカードを何度も当て、身の回りの物を表す表現に慣れ親しむことができました。

 

〇思考力、判断力、表現力等

・Unit8「What’s this? これなあに? 」のP.31【Let’s Play 1】の映像資料を視聴し、隠れている物が何かを考えることができました。What’s this?とたくさん聞くことができました。 

・Unit8「What’s this? これなあに? 」の3Hint Quizでは、友達にヒントをだしながら、What's this?とたくさん伝えることができました。ヒントを段々難しくするなど、工夫して取り組むことができました 

 

〇 学びに向かう力、人間性

・Unit8「What’s this? これなあに? 」の、P.32【Let’s Play 2】では、シルエットや断面図から何かを当てるゲームに楽しみながら、取り組みました。意欲的に参加し、何度も当てようと挙手し、答えることができました。

・Unit8「What’s this? これなあに? 」の、ヒント連想 gameでは、意欲的に授業に参加していました。3Hintgameのヒントをたくさん考え、友達に伝えることができました。

 

所見の文章は難しいですね。

皆さんの参考になれば幸いです。

 

小学校外国語 所見&評価「What’s this? これなあに?」(Let's Try1 Unit8)のご紹介でした。