パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 所見&評価「Who is your hero?」(Wecan1 Unit9)

 

f:id:kumayamamoto:20181208102913p:plain

 

小学校外国語 所見&評価「Who is your hero?」(Wecan1 Unit9)のご紹介です。

 

今回は、「Who is your hero?」(Wecan1 Unit9)の所見や評価についてまとめました。

所見を書く際にどんな文面にするか困ることも多いと思います。

参考にして下さい。 

 

所見の具体的な記述としては以下のようになります。  

 

 

〇知識及び技能

・Unit9「Who is your hero? 」では、自分の得意なことを言ったり、聞いたりすることができるようになりました。友達とのインタビューでも上手に友達の得意なことを聞くことができました。

・Unit9「Who is your hero? 」では、教科書を見ながら、自分の得意なスポーツを書き写す事ができました。

・Unit9「Who is your hero? 」の【Let’s Listen 1】p.68では、登場人物が何が得意かを聞きとり、線で結ぶことができました。

 

〇思考力、判断力、表現力等

・Unit9「Who is your hero? 」の友達とのインタビューでは、あこがれたり尊敬したりする人について、自分の考えや気持ちを含めて伝え合うことができました。

・Unit9「Who is your hero? 」の最後のプレゼンテーションでは、あこがれたり尊敬したりする人について、自分の考えや気持ちを含めて伝えることができました。

 英語をはっきりと発音するだけではなく、アイコンタクトを意識するなど、相手に伝えようとする意欲的な姿勢が目立ちました。

    

〇 学びに向かう力、人間性

・Unit9「Who is your hero? 」の、ポインティングゲームでは、意欲的に授業に参加し、得意なことを伝える表現を繰り返し練習することができました。

・Unit9「Who is your hero? 」の、最後のプレゼンテーションでは、友達の尊敬する人について、一生懸命に聞き取ろうとする姿勢が立派でした。

 ・Unit9「Who is your hero? 」の、最後のプレゼンテーションでは、たくさんの友達に自分の尊敬する人を伝えることができました。

 

所見の文章は難しいですね。

皆さんの参考になれば幸いです。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

その他の所見や評価は以下の記事にまとめています。

 

 

小学校外国語 所見&評価「Who is your hero?」(Wecan1 Unit9)のご紹介でした。