パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語5年生 Wecan1 unit9 Who is your hero? 3時間目

f:id:kumayamamoto:20181208102913p:plain

 

先日、Wecan1 unit9のWho is your hero?の一時間目と2時間目について、

実践を公開させていただきました。

 

今回は、三時間目の実践です。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

1時間目は、内容を復習中心にし、今まで何度も授業で行った活動を中心に組みました。

 

2時間目の授業は、インタビューなどのコミュニケーションを中心に組みました。

 

今回も、 

 誰でも簡単に(Easy)

 誰でも楽しく(Enjoy)

 誰でも授業のねらいが達成できるように(effect)

気をつけました。

 

○目標

 関:自分から進んで挨拶する。

慣:英語で自分のできることを伝える。

気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 ファイル(B5)、振り返りカード、フラッシュカード、ミニカード

○使用教材、準備(児童)、教室

 筆箱(鉛筆)、振り返りカード、インタビューシート(クラス名簿)

 

○活動内容

Introduction(3min)

あいさつ Hello, every one.

let’s say

 

 

 

 

 

○単語の復習する

Let’s listen3 P69

3人のことについて聞き、わかったことをに書く。

Let’s play the game1

○【memoryゲーム

1:黒板に使用する英単語のフラッシュカードを貼っておく。

2:先生がランダムに無差別に英単語を言います。子供は言われた順番を覚えておきます。(手を頭の上に乗せるなど、聞く工夫をするといいと思います。また、先生が言ったあとに繰り返し発話させましょう。)  

3:先生の合図で子供は、覚えたとおりにミニカードを並べます。 

Lets interview.

○Lets interview (前回より、気持ちを追加)

○自分にとってのヒーロー/ヒロインを決めて、友達に伝える。

A, B: Hello.

A:My hero is ~~。

   He can play basketball.

  He is cool.

A,B: Thank you. Bye. 

Look back

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

 

急な変化に弱い我がクラス。

内容が難しい子がいたようなので、前回とほぼ同じ。でも少し変化しているぐらいで授業を、組みました。

 

飽きないように、各活動をテンポよく。

子どもを、盛り上げながら、進行していきます。

 

また、前回難しかった子も、同じような活動なら、活躍できます。

色んな子を褒めることができました。

 

「小学校外国語5年生 Wecan1 unit9 Who is your hero? 3時間目」の記事の紹介でした。

 

読んでいただき、ありがとうございました。