パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語活動 1~60の数字に慣れよう「60 bomb game」(Let's Try2 unit4 What time is it?)

f:id:kumayamamoto:20190602173338p:plain

 

小学校外国語活動 1~60の数字に慣れよう「60 bomb game」(Let's Try2 unit4 What time is it?)のご紹介です。

今回も、小学校 外国語の授業で使えるゲームを紹介します。

 

新しい4年生/教材のLet's try2では、What time  is it?を使って、時刻を尋ねたりする活動が設定されています。

 

時刻を答える際に難しいのが1から60の数字をすらすら言えること。

 

そこで今回は、1から60の数字に慣れ親しむためのゲームを紹介したいと思います。 

 

 ゲーム名:「60 bomb game

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

グループ(4人から6人)

 

③英単語

 

1から60の数字

 

④準備物

使用する英単語のフラッシュカード

トランプ

 

⑤ルール ゲームの内容

グループで行う。

 

トランプを引く順番を決める。

引いたトランプのカードを足していく。

60を超えた人がアウト。

数字が言えないときは助け合う。

 

A:トランプを引く。5のカードが出た。

It’s 5.

 

B:トランプを引く。9のカードが出た。5と9を足した数を言う。

It’s 14.

 

C:トランプを引く。6のカードが出た。

14と6を足した数を英語で言う。

It’s 20.

・・・続ける。

 

D: It’s 60.

A, B, C: Bomb!

 

(30,50)など、設定する数字を変えて行う。

 

いきなり、60だと難しいかもしれません。

20から始めたり、40にしたり、少し難易度を上げるのがいいと思います。

準備もトランプだけなので簡単です。

 

是非使って下さい!

 

そのほかのゲームは単元ごとに以下の記事にまとめています。 

pandasensei.hatenadiary.com

その他の定番ゲームは以下にまとめています。

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 

小学校外国語活動 1~60の数字に慣れよう「60 bomb game」(Let's Try2 unit4 What time is it?)のご紹介でした。