パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語6年生 Wecan2 unit4 I like my town.のインタビューはカード交換で!

f:id:kumayamamoto:20190624231526p:plain


 Wecan2 unit4のI like my townのインタビュー活動に関してまとめました。 

  

今回のインタビュー活動は、カード交換にしました。

 

言語活動を意味あるものにするためにも、子どもが喜ぶ活動にしようと思いました。

 

カード交換は、高学年でも喜んでやります。

 

また、教師にとっても負担が少ない!

画用紙の切れ端を小さくカットするだけですから。

 

書く活動が自然に入るのもいいところ。

 

具体的な流れは、以下の通りです。

 

○友達の好きな場所のカードを集めよう。

   児童には画用紙を小さく四角くカードに切ったものを複数枚渡す。

  フラッシュカードを元に自分の好きな場所のカードを写させる。

 時間内にたくさん書くように伝える。最低限、英字は書くように伝える。

  カードには名前をローマ字で書く。

A, B: Hello.

 A:We have a park.

  Here you are.

 (自分が作ったカードを渡す。)

  B: Thank you.

 

①ペア ②列でペア交換 ③自由に

 

カードは、こんな感じで書かせています。

f:id:kumayamamoto:20190716215205j:image

 

アルファベットを書くのは難しい子どももいるので、実態に合わせて変えてください。

 

「小学校外国語6年生 Wecan2 unit4 I like my town.のインタビューはカード交換で!」の記事の紹介でした。

読んでいただき、ありがとうございました。