パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

8月9日は長崎の原爆の日。平和だからこそ考えたい。

昨日、ツイッターで、こんなふうに呟きました。

 

 

 

 

 いろいろと嫌なことも多いけど、命をとられることはありません。

逆にだれかの命をとることもありません。

 

 

教師という仕事は、平和だからこそできます。

平和を維持するための仕事でもあります。

 

 

原爆や戦争、政治や憲法、難しいことは多いけど、

考え続けることが大事だと思っています。

 

 

自分の考えを教える、伝えるのではなく、夏休みが終わったら、子どもたちと一緒に考えていきたいと思います。

 

 

ツイッターでも紹介した井上ひさしさんの本はこどもと一緒に考えるためにぴったりの本です。

 

 

武蔵野市では、子どもとおとなの日本国憲法を配布しています。

これも参考になります。

(無料です)

http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/shiminkatsudo/heiwa/1007373.html