パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

【休校道徳】<あしなが育英会>(休校の対応)

フォレスタネットの

まるしん先生に影響されて

私も休校道徳を考えてみました。

 

休校道徳に興味がある方は、

フォレスタネットのまるしん先生を

調べてみてください。 

 

また、以下の内容は

学校HP等で活用下されば

嬉しいです。

 

 

-----------------------------------

 

全国で新型コロナウイルスの拡大防止による休校が相次いでいます。

 

今は、自粛をとにかく続ける時期です。

 

子どもたちは、とにかく家で過ごす毎日です。

 

 

 

子どもや保護者も、この自粛が続けることは、決して楽なことではないと思っています。

 

しかし、この国難は、みんなの力を合わせ、何とか乗り越えなくてはいけないことだとも思っています。

 

 

 

そんな時、力になってくれるのが道徳です。この記事では、「休校中の心を励ます道徳小話」をお伝えしていきます。

 

 

 

【休校道徳】<あしなが育英会

 

 

 

あしなが育英会を知っていますか?

 

 

 

あしなが育英会のHPにはこのように書かれています。

 

---------------------------------------

 

病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、
親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。

 

---------------------------------------

 

https://www.ashinaga.org/about/

 

 

 

世の中には、思わぬことでお家の方がなくなり、

 

困っている子どもがおおぜいいます。

 

 

 

新型コロナウイルスの拡大によって、

 

困っている人がたくさんいます。

 

もちろん、あしなが育英会が支援している

 

学生や子どもたちもとてもこまっているそうです。

 

 

 

あしなが育英会のHPには新型コロナウイルスの拡大によって、

 

こまっている人のアンケートがのっていました。

 

---------------------------------------

 

「収入が半分になり、4月の学費を納入できない」

 

「食費も光熱費も足りず、もう、路上生活するしかない」

 

---------------------------------------

 

https://www.ashinaga.org/news/news/entry-8690.html

 

 

 

そんな中、あしなが育英会が、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮している学生へのあわせて10億円の緊急援助を発表しました。

 

あしなが育英会 玉井義臣会長はこんなことを話していました。

 

---------------------------------------

 

 「私はどんな事があっても、今進学に困っている遺児たちを諦めさせるようなことなく、頑張っていく。ちゃんと行かせる自信があるので安心して、勉強なりお母さんの手伝いなり、やって下さい。私は長年の経験で必ずきみたちを守るから」

 

---------------------------------------

 

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3958719.htm

 

 

 

―――――――

 

私は長年の経験で必ずきみたちを守るから

 

―――――――

 

 

 

みなさん、玉井会長の言葉を聞いて

 

どんなことを感じますか?

 

 

 

どんなことを考えますか?

 

 

 

そして、

 

 

 

今、何をしようと思いますか?

 

 

 

将来に向かって、今、何をすべきなのか

 

という自分なりの答えをぜひ見つけてほしいと思います。

 

 

-----------------------------------

 

いかがだったでしょうか。

 

休校中の児童への対応、

色々と難しいですが、

一緒に頑張りましょう。