パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

濃厚接触なしの小学校 外国語ゲーム「じゃんけんplusゲーム」

 

こんにちは。 

パンダ先生です。

 

今回も、小学校 濃厚接触なしの外国語の授業で使えるゲームを紹介します。

使用する英単語は1から10の数字です。 

準備するものは何もないお手軽なゲームです。

どのクラスでも盛り上がりますよ。

 

 元々は、1対1で楽しむゲームでしたが、

濃厚接触なしのゲームに直しました。

 

※元の記事は以下に貼り付けておきます。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 ゲーム名:「じゃんけんPlusゲーム」

①対象

小学校 中学年 高学年

※児童の実態によっては、低学年でも大丈夫です。 

 

②人数

クラス全員で行います

 

③英単語

数字(1-10)などの英単語を使用。 

 

④準備物

数字(1-10)のフラッシュカード

 

⑤やり方(ルール)

1:黒板に数字(1-10)のフラッシュカードを貼っておく。

 

2:先生のデモンストレーション

“Plus, plus, one, two, three.”と言って、じゃんけんの要領で手を出す。

その際に、指を1本から5本まで自由に出せることを子供たちに伝える。

 

児童は同時に出した指の本数を足した数を早く言って、その場で立つ。

 ※足し算ゲームです。

立たないでその場で答えを言うだけでもいいです。 

 

3:代表児童と対決

“Plus, plus, one, two, three.”と言って、じゃんけんの要領で手を出す。

 代表児童と対決する。

 

 

 一度、教師と子供で対戦しながら、デモンストレーションを行うのがいいと思います。

 

 

ただ、英語の数字を覚えていない子供は負け続けてしまうので、配慮が必要です。

数字の英語にある程度、全員が慣れ親しんだあとに行ってください。 

 

 

今回の英単語は、1~10の数字でしたが、 その他の数字でもできます。

両手にして、11~20にしたり、序数を使ったり。

 

また、足し算だけではなく、掛け算や引き算でもゲームができます。

 

 是非使って下さい!

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 
 
濃厚接触なしの小学校 外国語ゲーム「じゃんけんplusゲーム」のご紹介でした。