パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

濃厚接触なしの小学校 外国語ゲーム「Goゲーム」

 

こんにちは。 

パンダ先生です。

 

今回は、小学校 濃厚接触なしの外国語の授業で使えるゲームを紹介します。

どのクラスでも盛り上がりますよ。

 

Goゲームは、準備が簡単で盛り上がるのがいいところ。

英文の導入にも使えます。 

 

授業の進め方はこんな感じです。

 

 ゲーム名:「Goゲーム」

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

コロナ対応なので

一人で行います。

 

③英単語

様々な英単語が使用可能。

英文も一緒に教えることができます。

 

④準備物

英単語のミニカード(一人に一つ)

※先生が全員分を切るのは大変なので、

児童に準備させましょう。

 

⑤ルール

1:黒板に英単語のフラッシュカードを貼っておく。

 

2:子供隊は自分のミニカードを用意する。 

 

3:子供達はミニカードを表向きに広げる。

(並べる)

 

4: 教師に続いて、繰り返し発話する。 

  教師が「GO」と言ったら、

一つ前のカードを取る。

 

(英単語を使ったゲームの例)

T: Face up the cards.

 Hands on your head.

 Apple.

C:Apple.

T:Banana.

C:Banana.

T: Go!

C: (“bananaのカードを取る。)

 

(英文を使ったゲームの例)

T: Face up the cards.

 Hands on your head.

 Do you have a?.

C: Do you have a?.

T: Do you have b?.

C: Do you have b?.

T: Go!

C: (“b.”のカードを取る。)

 

 

児童が盛り上がる定番ゲームです。

 

コロナがなければ、

グループで対戦させても、

面白いです。 

 

是非使って下さい!

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って

欲しいと思います。

 
 
濃厚接触なしの小学校 外国語ゲーム「Goゲーム」のご紹介でした。