パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

聞き取りメモの工夫(要約とナンバリングの重要性)

 

f:id:kumayamamoto:20200908210601j:image

 

先日、こんなことをツイッターでつぶやきました。

 

ツイッターは文字制限があるので、

ブログで詳しく書こうと思います。 

 

 ツイッターでも書きましたが、

大事なことだけ書く(要約)とナンバリングは、

最重要技能だと思っています。

 

とは言っても、要約やナンバリングを

子どもが急に使いだすのは難しい。

 

そこで、様々な単元で繰り返し、

指導していく必要があります。

 

ナンバリングであれば、

国語の話す・聞く、

プレゼンテーション、

作文(説明的な文章)

ノート(算数、社会、理科、国語)

など、

様々な場面で教師自身が使い、

子どもにも使わせましょう。

 

要約(大事なこと)も大事です。

 

国語の話す・聞くやプレゼンテーション、作文(説明的な文章)であれば、

最初と最後にまとめとして、

一番大事なこと(要約)を話す。

 

ノート(算数、社会、理科、国語)では、

まとめ(大事なこと、要約)を

教師が示さずに

子どもが書きましょう。

 

ぜひ、色々と工夫していただければと思います。

 

聞き取りメモの工夫(要約とナンバリングの重要性)の記事のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。