パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 所見&評価「Hello,friends」(NEW HORIZON Unit1 東京書籍)(5年生)

小学校外国語 所見&評価「Hello,friends」(NEW HORIZON Unit1 東京書籍)(5年生)のご紹介です。

 

今回は、「Hello,friends」(NEW HORIZON Unit1)の所見や評価についてまとめました。

 

NEW HORIZONは、まだまだ教材研究中なので、

至らない点もあるとは思います。

 

所見を書く際にどんな文面にするか困ることも多いと思います。

 

参考にして下さい。 

 

所見の具体的な記述としては以下のようになります。   

 

〇知識及び技能

・Unit1「Hello,friends」では、自分の名前や好きなものについて、伝えたり、聞いたりすることができるようになりました。 

 

・Unit1「Hello,friends」では、アルファベットの大文字を必要に応じて書く(読む)ことができました。

 

 

〇思考力、判断力、表現力等

 

・Unit1「Hello,friends」の友達とのインタビューでは自分の名前や好きなものについて、自分の考えや気持ちを含めて伝え合うことができました。

 

・Unit1「Hello,friends」の名刺交換では、自分の名前や好きなものについて、自分の考えや気持ちを含めて伝えることができました。

 

 

〇 学びに向かう力、人間性

・Unit1「Hello,friends」では、意欲的に授業に参加し、自分の名前や好きなものを伝えるポストカード作りに取り組むことができました。
 

・Unit1「Hello,friends」の、最後のインタビューでは、友達の名前や好きなものについて、一生懸命に聞き取ろうとする姿勢が立派でした。

 

 ・北海道地方に住むロス・フィンドレーさんの映像を視聴すること通して、外国語の背景にある文化に対する理解を深めようとしていました。

 

所見の文章は難しいですね。

 

皆さんの参考になれば幸いです。

 

その他の所見や評価は以下の記事にまとめています。

 

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

 

小学校外国語 所見&評価「Hello,friends」(NEW HORIZON Unit1 東京書籍)(5年生)のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。