パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

英語で数字に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)

「英語で数字に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)」の記事の紹介です。

 

今回も、小学校の低学年向けの授業実践です。

一年生向けです。

今回は、2時間の授業実践です。 

①1時間目

 

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。慣:英語での数字の表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、振り返りカード、ファイル

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

○活動内容

Introduction

(5min)

○自己紹介 専科自己紹介  ALT自己紹介

Hello, everyone. Hello, Ms. Morimura.

○外国語活動の約束、流れ、挨拶

 1、アイコンタクト 2、ビックボイス 3、スマイル

♪(5min)

○Hello song

 Hi, friends leson2

 

○let’s play(5min)

 

○How manyゲーム

英語教室内の忍者や動物の数を数える。

数字の導入。

 

 以下はゲームのご参考に。

pandasensei.hatenadiary.com

 

Let’s say(5min)

○let’s say

1-10

 

♪(10min)

○7steps (Super simple songs)

 ① 歌を聞く ②歌う(1、2回) ③いくつかの数字を歌わずに手拍子で

 

※以下の記事をご参考にして下さい。

pandasensei.hatenadiary.com

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

○let’s play(10min)

 

 黒板にフラッシュカードを貼る。児童に目を閉じさせ、フラッシュカードを外す。

 What’s this? と隠したフラッシュカードを指差す。児童は外されたカードを当てる。

 

 

※以下の記事をご参考にして下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語での数字の表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

②2時間目

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。慣:英語での数字の表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、振り返りカード、ファイル、ビンゴカード

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

○活動内容

Introduction

(5min)

○自己紹介 専科自己紹介  ALT自己紹介

Hello, everyone. Hello, Ms. Morimura.

○外国語活動の約束、流れ、挨拶

 1、アイコンタクト 2、ビックボイス 3、スマイル

Let’s say(5min)

○let’s say

1-10

 

♪(5min)

○7steps (Super simple songs)

 ① 歌を聞く ②歌う(1、2回) ③いくつかの数字を歌わずに手拍子で

○let’s  play1

(10min)

 黒板にフラッシュカードを貼る。児童に目を閉じさせ、フラッシュカードを外す。

 What’s this? と隠したフラッシュカードを指差す。児童は外されたカードを当てる。

 

○let’s  play2

(15min)

 Bingo game

カードの中に数字を書く。先生が数字を選び、児童はチェックしていく。(発話を繰り返す。)

縦・斜め・横で揃ったら、ビンゴ!

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語での数字の表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

 

英語で数字に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。