パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

6年生 2学期 国語 所見(未完成版)

第六学年 二学期 国語の所見例の記事のご紹介です。

 

所見大変ですよね。

 

少しでも教員のみなさんの負担が減ればと思い、

所見の文例を公開したいと思います。

 

今回は出来ている文面から公開して、

徐々に増やしていこうと思います。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

「『鳥獣戯画』を読む」では、筆者の要旨をとらえ、表現の工夫に気付くことができました。

 

「日本文化を発信しよう」では、読む人が興味をひくように、小見出しや割付を工夫することができました。

 

狂言 柿山伏」では、友達同士の掛け合いによる劇を楽しみ、セリフの言い方を工夫していました。

 

狂言 柿山伏」では、グループで音読を工夫し、楽しみながら伝統文化に親しむことができました。
 
6年生 2学期 国語 所見(未完成版)のご紹介でした。
 
みなさんの参考になれば幸いです。