パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

うなぎのなぞを追って センテンスカード

f:id:kumayamamoto:20210124222154p:plain

今回の記事は短めです。

 

先日、うなぎのなぞを追っての単元計画を公開しました。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 今回は、うなぎのなぞを追ってのセンテンスカードを作ってみました。

筑波大付属小学校の桂聖先生の実践を参考に作っています。

作るのも大変なので、教材を共有できれば。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

コグトレで道徳!?思いやりトレーニング

先日、コグトレの思いやりトレーニングで

道徳の授業をしました。

 

使った本は「社会面のコグトレ」著 宮口 幸治先生の本です。

 

コグトレの思いやりトレーニングを使った道徳がとても上手くいきました。

子どもたちも大盛り上がりでした。

 

指導略案を作成したので

公開したいと思います。

 

「道徳の時間」学習指導案(略案)

令和3年 月 日 時間目

第4学年  組

1 学 年 第4学年

2 主題名 「思いやり」(内容項目C-(11)規則の尊重)

3 ねらい 友達の悩みや感情に寄り添い、声を掛けるという役割演技等を通して、他者への共感力や思いやり

の大切さに気付き、友達への思いやりのある態度をとろうとする態度を育てる。

4 教材名 「思いやりトレーニング」(出典:「社会面のコグトレ」著 宮口 幸治)

 

5 学習指導過程

 

学習活動(〇発問 )

◇指導上の留意点 ◆評価(方法)

1 「思いやり」「親切」とは何かを発表する。

(人前で話すことについても聞く。)

◇今までの経験と関連させてどのように捉えているのかを引き出す。

 

 

 

2 教材「思いやりトレーニング(悩み相談室)」を読んで話し合う。

 

〇人前で話すのが苦手なA君への声掛けについて考えよう。まずは、A君が「言わなきゃよかった・」と思ったB君の声掛けを考えよう。

個別にワークシートに自分の考えを書く。

その後、ペアで役割演技。

最後に全体共有。

 

〇「A君が気持ちが楽になった。聞いてくれてありがとう。」と思えるようにCくんへの声掛けを考える。

個別にワークシートに自分の考えを書く。

その後、ペア・グループで役割演技。

グループでホワイトボードにまとめる。

全体で共有。

◇みんなで考えていきたい場面を問うことを伝え、課題意識をもって取り組ませる。

 

◇児童の考えてみたい場面から、本時の課題を解決するための発問につなげる。

 

◇状況を把握させることで、A君の気持ちに共感させ、自分と重ねて考えやすくさせる。

 

◇ワークシートを活用することで、自分の考えをまとめさせる。

 

◇グループでまとめる時は、まとめた結果が大事なのではなく、グループで話し合うこと(過程)が大事だと伝える。

 

3 教師の説話を聞く。

 

4 授業の感想を書く。

〇今日の学習で学んだことや発見したことを書き ましょう。

 

◆きまりの意義や良さを理解し、自分とのかかわりで捉えている。(発言、ワークシートへの記述)

 

◇「学級の児童からもらった思いやり」につい

て話し、思いやりの温かさや親切な行動が

心の支えとなっていることを伝える。

 

子どもたちの実際のホワイトボードは

以下のような感じでした。 

 

f:id:kumayamamoto:20210122205200j:plain

f:id:kumayamamoto:20210122205139j:plain

 

どのグループも真剣に考え、

本気で考えていました。

 

認知ソーシャルトレーニングとしても

道徳でコグトレは

素晴らしいと思いました。

 

コグトレで道徳!?思いやりトレーニングの

ご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

3学期 学期始めの黒板掲示(教材の共有)

f:id:kumayamamoto:20210106100828p:plain

 

新年あけましておめでとうございます。

 

学期始めの黒板掲示は意外と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

先日、ツイッターでこんなことをつぶやきました。

 

みなさんが楽になるなら、

教材は共有していきたいと思っています。

 

文章は以下のように書きました。

 

新年あけまして、おめでとう!

 

三学期が始まります。4年生のまとめの時期です。

クラスで他の人のために働ける人が増えてきました。

4年生らしく、自分から行動している姿を見ると、先生も嬉しくなります。

三学期はもっと他の人のために働ける人が増えることを期待しています。

色々なことを、「成長のチャンス」と考えるか、

「面倒くさい」と考えるか。

みんなはどちらですか。

みんなの成長に期待しています。

 

参考になれば幸いです。

 

3学期 学期始めの黒板掲示(教材の共有)の記事のご紹介でした。

 

 

三学期の学級開きに!お正月ビンゴ コロナ対応版

f:id:kumayamamoto:20201212144036p:plain

 

「三学期の学級開きに!お正月ビンゴ コロナ対応版」の記事のご紹介です。

 

冬休み中に、3学期の初日に何をやるか考えている先生方も多いと思います。

 

前に夏休みビンゴのご紹介をさせてもらいました。

pandasensei.hatenadiary.com

  

今回はコロナ対応の

お正月ビンゴを作りました。

 

f:id:kumayamamoto:20201212144036p:plain

 

ご活用下さい。

 

今回も、子どもが好きなビンゴを活用します。

流れは前回と同じです。

 

子ども達に冬休みの思い出を聞きましょう。

テンポよく、聞きましょう。

今回はコロナ禍なので、

家にいたことも肯定的に聞きましょう。 

 

ビンゴをやることを言います。

  

ビンゴシートの中央は

冬休みに友達がやってそうな内容を記入させましょう。

 

代表児童を選びます。

代表児童に冬休みにやったことを聞きましょう。

代表児童が答えた内容が、ビンゴシートにあったら、チェックします。

 

ビンゴシートは、内容がある程度記入されているものを選びます。

 

https://d.kuku.lu/d2707ada0f

 ※興味がある方は、上記のHPから

ワークシート(ワード)が

ダウンロードできます。

 

 ④

次に子ども達は、ペアになります。

ペアでお互いに1つ質問します。

エスと答えてくれたら、ビンゴシートにチェックします。

ペアを変えて、繰り返します。

 

時間は、だいたい、10分くらい。

 

ただ、家庭の状況によっては、遊びに行けなかったり、色々な状況があるので内容を変えてください。

 

「三学期の学級開きに!お正月ビンゴ コロナ対応版」の記事のご紹介でした!

 お役に立てれば嬉しいです。

うなぎのなぞを追って 単元計画(4年国語 教材研究)

 

f:id:kumayamamoto:20201228095039p:plain

 

 

皆さんはどんな風に教材研究を

進めているのでしょうか。

 

お役に立てる場合もあるかなと思い、

一部教材研究を公開していきたいと思います。

(自分の勉強のためでもあります。)

 

今回は小学校4年生の説明文、

「うなぎのなぞを追って」の単元計画です。 

 

「光村図書」様のホームページで公開されている桂聖先生の実践も参考にさせていただきました。

https://www.mitsumura-tosho.co.jp/material/pdf/kyokasho/s_kokugo/material/kohoshi_s_kokugo_9603.pdf

 

 

うなぎのなぞを追って 単元計画

 

一時

・全文を読み,教材文を「はじめ」「中」 「終わり」に分ける。

・光村のホームページのビデオを見る。

以下のホームページから塚本さんの研究の様子がビデオで見れます。

 

m-manabi.jp

 

 

二時 三時

・ 教材文の速読競争。

①個人で音読

②ペアで音読し,読み終えたら挙手する。

・センテンスカードによる並び替え

 個人→班

・自分の興味がある調査を選ぶ。

理由も書く。→交流

 

四時

・教材文の速読競争。

・エレベータートーク(世界にほこる和紙の既習事項を活用する。)

・みなさんは、ある会社の社員です。 こんな課題を出されました。 エレベーターの中で社長にばったり会い、 「君、 『うなぎのなぞを追って』は知っているか?で一分三十秒で要約して紹介してくれ」だって。 エレベーターに乗っている間に説明する。

 

個人→交流

 

五時 六時 七時

・全文音読(興味をもったところを音読)

・「おっと、そういえば、この階で下りなけば。時間がない。君が興味をもったところを中心に、一分で要約して紹介してほしい」

口頭で友達に紹介(社長と社員で役割演技)

口頭で紹介したものを、文章にする。

(作文用紙にまとめる。200文字程度)

文章にしたものを交流する。

 

 うなぎのなぞを追ってのセンテンスカードは

以下の記事で公開しています。

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

うなぎのなぞを追って 単元計画(4年国語 教材研究)のご紹介でした。