パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

運動会 一週間前の学級通信

「運動会 一週間前の学級通信」の記事のご紹介です。

 

運動会前の学級通信の文面を公開したいと思います。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

運動会まで後少し 

 

 運動会の練習もあと残り○日間になりました。先週の○曜日には衣装をつけ校庭で初めから終わりまで通して踊ってみました。暑い中ですが衣装を着て一生懸命に取り組んでいました。練習当初と比べると姿勢も踊りも見違えるようでした。

 運動会の表現ですが、どのような内容にするのかとても悩みました。子供たちが大人になった時に、今回の経験が少しでも活かせるような内容にしたいと考えてダイナミック琉球を選びました。


 ダイナミック琉球を選んだのは、全体で一つのことに取り組む楽しさ、みんなで心を合わせ・踊りを合わせることの美しさ、型(基本)に合わせて踊ることの大事さ、基本の重要性、失敗からも成功からも学びがあること、失敗というのはチャレンジするからこそ起こること等を経験してほしいと考えたからです。

 

また、このようなことを言葉で伝えるのは簡単です。しかし、運動会はこのような内容を、「(表現のタイトル」を通して、経験できるところが素晴らしいところだと考えています
 
 

○○日()に子供たちには、「先週の○曜日の踊りが素晴らしかったこと。」「見ていた先生が全員褒めていたこと。」「しかし、みんなはまだまだ素晴らしくなること。」「現時点では8割。でも残りの2割は自分たちで積み上げるんだ。」と話しています。
 個性豊かな子供たちが心を一つに踊る姿は今から自分も楽しみです。運動会ぜひ楽しみにしていてください。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

小学校 4学年 二学期 所見 例文(不完全版)

第四学年 二学期 所見例の記事のご紹介です。

 

二学期の所見を早めに進めています。

 

所見大変ですよね。

 

少しでも教員のみなさんの負担が減ればと思い、

所見の文例を公開したいと思います。

 

今回は出来ている文面から公開して、

徐々に増やしていこうと思います。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

 

1.国語

 

 国語「ごんぎつね」では、「なぜ」を積み重ねることで、 自分の考えを深めることができました。自分なりにノートを工夫することができました。

 
国語「ごんぎつね」では、自分の考えに見出しをつけて、わかりやすくすることができました。自分なりにノートを工夫することができました。
 

2.書写

鋭意製作中 

 3.社会 

鋭意製作中 

4.算数

算数「割り算のひっ算」では、自分から手を挙げて、問題の解き方を説明することができました。意欲的な姿勢が素晴らしかったです。

 

算数「およその数の使い方と表し方を調べよう」では、自分がわからないことを積極的に聞くなど、課題を解決しようとする姿勢が素晴らしかったです。

算数「およその数の使い方と表し方を調べよう」では、がい数を図で表すなど、自分の考えをわかりやすくノートにまとめることができました。

 

算数「 およその数の使い方や 表し方を調べよう」では、一万の位のがい数にするには、一つ下の位に注目して、四捨五入するとよいと自分の考えを発表することができました。わかりやすい説明でした。

 

算数「倍の見方」では、積極的に挙手して答えるなど、意欲的な姿勢が目立ちました。
わからないことはそのままにせず、先生や周りの友達に相談することができます。課題を解決しようとする積極的な姿勢が素晴らしいです。

 

5.理科

理科「雨水のゆくえ」では、「空気中に雨水はでていくのだろうか?」という課題に自らの体験や経験をもとに予想をたてることができました。また、自分の予想をクラスのみんなにわかりやすく説明していました。

6.体育

運動会 表現「ダイナミック琉球」では、リーダーとして、チームのみんなを引っ張りました。練習を重ねることで踊りも上手になりました。教え方も上手で友達に頼られる存在でした。

運動会 表現「ダイナミック琉球」では、リーダーとして、一生懸命に取り組みました。 

 

ダイナミック琉球の踊りを、友達に親切に教えてくれました。 目線を合わせて教えたり、手の動きを『なんでやねん』 と例えたり、教え方の工夫が素晴らしかったです。

 

7.総合的な学習の時間 

鋭意製作中 

8.行動の記録 

帰りの会では、友達の長所や良いところを見つけて、たくさん発表してくれました。おかげで、クラスの雰囲気が明るく、前向きになりました。

 

掃除に集中して、一生懸命に取り組んでくれました。友達も褒めていました。

 

第四学年 二学期 所見(不完全版)の記事のご紹介でした。

 

 

 

外国語活動に関しては、

以下の記事にまとめています。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

教師の語り 成長するために大事なこと

今日は、教師の語りについて話をしようと思います。

 

時には子どもの前で、先生が話すことだ成長につながることがあります。

 

今回は、運動会や行事などで使える教師の語りについてです。

 

特に失敗を恐れずにチャレンジさせたいときや

努力させたいときに向いています。

 

---------------------------------------------------------------------------

 

大事な話をしようと思います

 

「上手くなる瞬間が2つある。」と言う話です。

踊り、勉強、運動、全部そうです

 

上手くなったりできるようになる時は2つありま

1つ目は練習や勉強をしている最中です。

 

これは、わかるよね。

踊っていたり、勉強している最中に、できるようになる。

これは経験したことがあると思います。

 

実はもう一つあります。

それは寝てる時です

 

睡眠て大事なんです。

人間の脳と言うのは今、練習したことを夜の寝ているうちに整理してくれます。

これを繰り返すと次の日にできるようになっていることがあります。

 

練習中にできなくても実は気にすることないんです。

勉強や練習を繰り返すことによって、

夜寝てるうちに脳が処理してくれて、次の日や何日か後にできるようになるんです。

練習や勉強は一生懸命に取り組みましょう。

一生懸命取り組めば、夜に脳が勝手にできるようにしてくれます。

もちろんあの1日か2日でできるなるかわからりません。

2日かかるかもしれない、1週間かかるかもしれません。

でも必ずいつかできるようになります。

練習では、できるできないではなく、

一生懸命に取り組んでほしいと思います

 

---------------------------------------------------------------------------

 

教師の語り 成長するために大事なことの記事のご紹介でした。
 
みなさんのお役に立てれば幸いです。
 
 

「本」ではなく「自分」を説明する(読書感想文の指導)

「本」ではなく「自分」を説明する(読書感想文の指導)の記事のご紹介です。

 

以前、こんなことをツイッターでつぶやきました。

 

今回の記事は読書感想文の指導をまとめたものです。

 

私も読書感想文の指導は長年悩んでいました。

 

そこで、参考にさせていただいたのが、

筑波大付属小学校の青山先生が

中心となって書かれた本と

 

 

熱海先生の実践です。

 

cocreco.kodansha.co.jp

 

二つの実践を参考に以下のようなワークシートを作りました。

 

 

①ワークシート①

f:id:kumayamamoto:20210920192149p:plain

 

②ワークシート②

 

f:id:kumayamamoto:20210920192144p:plain

 

ワークシート①で説明して、

ワークシート②で下書きを書くようになっています。

 

ぜひ、活用してください。

 

「本」ではなく「自分」を説明する(読書感想文の指導)の記事のご紹介でした。

 

皆様のお役立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

子供の褒め方 一筆箋を使おう!(実例)

「おすすめの認め方 一筆箋を使おう! 」の記事のご紹介です。

 

先日、こんなことをツイッターでつぶやきました。

 

一筆箋を使って、褒めることはとてもおすすめです。

 

今回は実例として、

実際に児童に送った一筆箋を公開したいと思います。

 

①国語 授業での内容を褒める

 

f:id:kumayamamoto:20210918075559j:plain

 

授業での目標に沿って、

児童を認めることは大事なことです。

 

目標を努力して達成した児童には

褒めてあげたいものです。

 

②算数 授業での頑張りを褒める

 

授業での姿勢を褒めています。

 

f:id:kumayamamoto:20210918075614j:plain

 

③体育 リーダーシップを褒める

 

体育やその他の行事でも

リーダーへの子へのフォローは忘れないようにしたいものです。

 

その際にも一筆箋は活用します。

 

f:id:kumayamamoto:20210918075608j:plain

 

④普段の行いを褒める

 

さりげない行いも

一筆箋なら可視化して、

褒めることができます。

 

f:id:kumayamamoto:20210918075602j:plain

f:id:kumayamamoto:20210918075605j:plain

 

私は、一筆箋に書いた日にワードに内容を、

記入してしまいます。

 

ぜひ、実践してみて下さい。

 

「 子供の褒め方 一筆箋を使おう!(実例)」の記事のご紹介でした。

お役に立てれば、幸いです。

 

前回の一筆箋についてまとめた記事はこちらです。

 

 

pandasensei.hatenadiary.com