パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

小学校の先生方に見て欲しい。外国語で苦労されている先生が少しでも楽になれますように。そして、子供達が授業を面白いと思ってくれれば最高です。

子供たちに読み聞かせをしたい英語の絵本「The little house」

 

The Little House Board Book

 

 

子供たちに読み聞かせをしたい英語の絵本の紹介です。

 

今回の絵本は「The little house」です。

「ちいさいおうち」という題名で翻訳もされています。

岩波の子どもの本から出版されています。

 

作者はバージニア・リー・バートンさん。

 

f:id:kumayamamoto:20180215230102j:plain

 

静かな田舎に小さな家がありました。

 

 

f:id:kumayamamoto:20180215230121j:plain

 

田舎に馬車が現れ、

 

f:id:kumayamamoto:20180215230131j:plain

 

自動車が現れ、家もたくさん建ってきました。

工場もあります。

段々と周囲が都会になっていきます。

このあともどんどん開発が進み、高層ビルなども建ちます。

 

都会の中でポツンと建つ小さな家はどうなるのでしょうか。

 

 小さい家の周囲が変わっていく様子が印象的です。

読み聞かせをしながら、子どもに何が変わったのか聞いていくのも面白い。

 

都会と田舎の対比が面白いです。

大人も考えさせられる絵本です。

 

内容は簡単なので、小学生でもなんとなく内容がつかみやすいです。

絵からも内容が解り易いのも素晴らしいところ。

 

小さい子から小学校の中学年まで、お勧めの英語の絵本です。

  

The Little House Board Book

The Little House Board Book

 

 

日本語版もお勧めです。

 

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

 

 

子供たちに読み聞かせをしたい英語の絵本「The little house」の紹介でした。

 

読んでいただき、ありがとうございました。