パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

小学校の先生方に見て欲しい。外国語で苦労されている先生が少しでも楽になれますように。そして、子供達が授業を面白いと思ってくれれば最高です。

アルファベットの小文字を教えるには「アルファベット体操」で!

 f:id:kumayamamoto:20180223185242j:plain

 

こんにちは。 

パンダ先生です。

 

今回はアルファベットの授業で使える体操(チャンツ)を紹介します。

 紹介させていただくのはMPI松香フォニックスのアルファベット体操とチャンツです。

 

78単語でアルファベット26文字の「音」を練習できるほか、単数形と複数形の音の違いを覚えることができる『アルファベットチャンツ』。
DVD版では「アルファベットたいそう」や「小文字たいそう」が登場し、さらに楽しくアルファベットが学べるようになりました。
思わず笑ってしまいそうになるとってもキュートな人文字動画や、大文字・小文字を身体を使って理解する動画など、楽しいコンテンツが盛りだくさんです!
英語が初めての子どもに最適の教材です。 

 

MPI松香フォニックスのHPより

 

動画を見ていただくと雰囲気がわかり易いかもしれません。 

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

ユーチューブに全ての動画が公開されているわけではないので、必要な場合はDVDを購入する必要があります。

 

小学校の授業では、小文字体操の方が使いやすいですね。

書く活動に繋げやすいのもいいところです。

 

DVDが無い場合は、教師が始めに見本を見せて、アカペラでも出来ます。

 

アルファベットの順番を変えても面白いです。 

ペアでグループで、子供が教師役になってやっても面白いです。

 

是非使って下さい!

アルファベットチャンツDVD

アルファベットチャンツDVD

 

 

 

皆様の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語が面白いと思って欲しいと思います。