パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 英語の絵本を活用しよう「Animal opposites!」

Animal Opposites

 

今回も英語の絵本の紹介です。

 

今回お勧めするのは、

Animal opposites!

という絵本です。

 

 

あまり知られていなし絵本ですが、

素敵な仕掛け絵本です。 

 子供が惹きつけられること間違いなしです。

 

作者はPetr Horacekさん。

 

今回の「Animal opposites」は生き物(動物や昆虫、爬虫類も)と形容詞、反対言葉が中心です。

 

この言葉とこの言葉が対になっているんだと体感できる絵本です。

 

「From head to toe」もそうでしたが、子供が大好きな動物や昆虫、爬虫類ががたくさんでてきます。

  

 f:id:kumayamamoto:20180121202339j:plain

 

たとえば、左のページには静かなRabbit(うさぎ)がいて・・・

 

右のページの仕掛け部分をめくると

 

f:id:kumayamamoto:20180121202851j:plain

 

こんな感じでLion(ライオン)が飛び出してきます。

Loudという英単語も同時に学べます。

 

飛び出す部分が良くできていて、迫力満点です。 

 

さらにページをめくると・・・

 

Heavy Hippo が現れ、

 

f:id:kumayamamoto:20180121203151j:plain

 

仕掛けページをめるくと

 

f:id:kumayamamoto:20180121214045j:plain

 

Light butterflyが出てきます。

 

f:id:kumayamamoto:20180121214422j:plain

 

毎回の仕掛けが楽しくて、ページをめくる手が止まりません。

 

子供達に読み聞かせをしても、大好評な一冊です。 

 

お勧めです。

 

Animal Opposites

Animal Opposites

 

 

以下の記事でも「Animal opposites!」を取り上げています。

 

pandasensei.hatenadiary.com