パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 盛り上がる簡単インタビューゲーム「How many pencils? game」(Let's Try1 unit3)

f:id:kumayamamoto:20180512214818p:plain

 

小学校外国語 盛り上がる簡単インタビューゲーム「How many pencils? game」のご紹介です。

  

外国語活動の新しい教材であるLet's try1 unit3では、How many?と、数字(1-20)を学習します。

 

今回は、How many?を使って、準備がいらない簡単インタビューゲームのご紹介です。

 

ただ、子供たちに英語の数字に慣れさせておく必要があります。

歌やゲームを使って、英語の数字がすらすら言えるようにできるといいと思います。

 

お勧めは前に記事でもご紹介した「Seven steps」と「じゃんけんPlusゲーム」です。

pandasensei.hatenadiary.com

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 ゲーム名:「How many pencils? gameゲーム」

①対象

小学校 低学年  中学年 高学年

 

②人数

ペア(二人)が基本です。

 

③英単語

 

 

How many?

pencils

数字(1-20)

など

 

④準備物

英単語のフラッシュカード

 

⑤ゲームの指導方法 ルール

1:黒板に英単語のフラッシュカードを貼っておく。

 

2:先生がデモンストレーションをする。

先生が筆箱を出して、子供たちに

「How many pencils?」と聞かせる。

 

先生は筆箱の中身を見せて、

「3pencils.」と答える。

 

3:代表児童を前に出して、

デモンストレーションをさせる。

 

4:子供はペアでお互いにインタビューしあう。

 

5:子供たちは、自由に相手を見つけて、

インタビューする。

 

お勧めは中学年でしょうか。 

5年生でも盛り上がります。

 

大人は筆箱の中のえんぴつ の数を聞いても、

どうするんだ?と思うのですが、

子供たちはとても盛り上がります。

 

是非使って下さい!

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。

 

小学校外国語 盛り上がる簡単インタビューゲーム「How many pencils? game」(Let's Try1 unit3) のご紹介でした。