パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

小学校外国語 盛り上がるゲーム「Not high&low」一時間の流れ&ワークシート

f:id:kumayamamoto:20180104003151p:plain

 

前に「Not high&low」というゲームを紹介しました。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

今回は、このゲームの一時間の流れとワークシートのご紹介です。

 

急な授業や余裕がないときにご活用下さい。

 

ゲームで数字に慣れよう。Not high and low

 

授業のねらい 

教師や大人に斜めに構えている児童には、盛り上がれるゲームが最適!誰とでも仲良くなれる活動を中心に組んでます。ゲームを繰り返す中で、数字がスラスラ言えるようになります。

 

【準備するもの】教師:画用紙 英語のフラッシュカード(1~50)(英語のフラッシュカードはなくても授業ができます。)

 

①教師が英語で簡単にあいさつ(笑顔で)

Hello, everyone. My name is ~.(I'mでも可。)

 

②授業の導入 英語(数字)の復習。

英語で数字が言えるかな。一緒に言ってみよう。

 

 

③Not high and lowゲームのルールの説明。

(ルールが書かれたワークシートを各グループに配る。もしくは黒板に拡大して貼る。)

英語をたくさん話すことが目的だよ。

4人組を作る。(途中でメンバーを変える。)

画用紙を適当に切らせる。(一人20枚程度の短冊を作らせる。)

 

④Not high and lowゲームをする。

詳しいルールは以下の記事とワークシートをご参照下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

 

本時の感想を学習カードに記入する。

 

【ポイント】

・ゲームで勝つことを目的とするのではなく、英語で数字をたくさん話すことを目的とします。

・相手が何を書くのか心理を読む・相手を理解するゲームだということを知らせます。

 

 

ワークシートは以下の画像を使って下さい。

 

 

f:id:kumayamamoto:20191102091548p:plain

 

最近、「外国語が盛り上がらない!」と思った際に、

是非使って下さい。

 

小学校外国語 盛り上がるゲーム「Not high&low」一時間の流れ&ワークシートの記事のご紹介でした。