パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

簡単アクティビティ!ヒントゲーム(濃厚接触なしのゲーム)(初任者にもおすすめです。)

f:id:kumayamamoto:20210217220821p:plain

 

先日、こんなことをツイッターでつぶやきました。

 

 

ツイッターでは文字制限があるため、

ブログで詳しく説明したいと思います。

 

 

ヒントゲーム 

 

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

ペア

グループでもできます。

 

③英単語

動物・野菜・果物・文房具等の単語に活用可能

 

④準備物

英単語のフラッシュカード

英単語のミニカードをペア分準備します。

 

準備が面倒ならば、

自分で準備させても大丈夫です。 

 

⑤ゲームのやり方

 

1.児童にペアを作らせます。

  隣同士でも構いません。

  3人組でも大丈夫です。

 

2.カードを裏にして児童に渡す。

  表にしないことを伝えましょう。

 

3.ペアでじゃんけんをする。

  英語でじゃんけんをさせましょう。

 

4.負けたほうがカードを見ないで1枚引き、額に当てる。

  負けた児童には必ずカードをみないように

  伝えましょう。

 

5.引いた人がもう一人にWhat’s this?と聞いて、ヒントをもらって当てる。

  ヒントを出す側は、大きさ・形・色・見た目などのヒントを出す。

  どうしても英語が出ない場合は、ジェスチャーも可と伝えます。

 ヒントとなる色や形、大きさは事前に復習しておくと

 児童はスムーズにゲームに参加できます。

 

準備が簡単で、誰でもできます。

初任者や一年目の先生にもおすすめです。

 

濃厚接触なしなので

コロナ対応にもなります。

 

簡単アクティビティ!ヒントゲーム(濃厚接触なしのゲーム)(初任者にもおすすめです。)の記事のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。