パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

海の命は人物関係図でまとめよう(初任者の方も!)(小学校 国語 教材研究)

f:id:kumayamamoto:20210214213804p:plain

 

先日、こんなことをツイッターでつぶやきました。

 

 

ツイッターでは文字制限があるので、

ブログで詳しく説明したいと思います。

 

ツイッターでもいいましたが、

主人公へ登場人物が影響を与える物語なので、

人物関係図が作りやすいです。

 

人物関係図ですが、

スモールステップで説明すると分かりやすいです。

 

スモールステップで説明すると初任者の方でも

無理なく作らせることができます。

 

以下では、説明の方法を記載しています。

 

まずは何も書いていない画像をだします。

 

 


f:id:kumayamamoto:20210214220306p:plain

次は真ん中に主人公である太一を書くことを知らせます。

 

 

f:id:kumayamamoto:20210214220508p:plain

次に登場人物を周りに書いていくことを伝えます。

 

f:id:kumayamamoto:20210214221318p:plain

 

そして、登場人物に向かって矢印を書き、

大事な言葉やキーワードを書いていきます。

 

 

f:id:kumayamamoto:20210214221421p:plain

 

そして、矢印に相手への感情や気持ちを書きます。

f:id:kumayamamoto:20210214221514p:plain

登場人物の設定も書き込みます。

 

f:id:kumayamamoto:20210214221601p:plain

 

登場人物のセリフやキーワードも書き込みます。

 

f:id:kumayamamoto:20210214221633p:plain

 

 

その他の登場人物(登場魚?)も書き込みましょう。

 

余談ですが、クエを登場魚とよぶと子どもは笑います。

 

f:id:kumayamamoto:20210214222012p:plain

f:id:kumayamamoto:20210214222124p:plain

 

f:id:kumayamamoto:20210214213804p:plain

 

このような形で

複数の画像を使いながら、

スモールステップで

説明していきます。

 

海の命は人物関係図でまとめよう(初任者の方も!)(小学校 国語 教材研究)の記事のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。