パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

算数、外国語の導入や息抜きに「テンパズル」

f:id:kumayamamoto:20191217221701j:plain

先日、こんなことをツイッターにつぶやきました。

 

[https://twitter.com/5DHspiBye2xGZAp/status/1163254759974830081:embed#算数の授業開きにテンパズルというパズルゲームがおすすめ。4つの数字と四則演算(+、-、×、÷)とカッコを使って答えを10にするというあれです。算数が得意な子も苦手な子も両方盛り上がります。時間が掛からず、準備もいらない

 

 

4つの数字と四則演算(+、-、×、÷)とカッコを使って答えを10にするというあれです。

数字が重複しなければ、必ず正解があります。あと、ゼロも使いません。

使うは算数の導入が多いですね。

 

子どもが集中していない時に使います。

 

あと、外国語の授業でも使えます。

数字は英語で話せば、大丈夫です。

 

外国語の場合は、こんな風に導入しています。

 

①数字の復習

1から10まで英語でいいます。

何度か言い慣れておきます。

 

次は、+ - × ÷ の言い方を確認しましょう。

②ルールの説明

テンパズルのルールを説明しましょう。

 

③デモンストレーション

一度、みんなでやってみましょう。

 

1 2 3 4などの簡単な問題から、出しましょう。

 

④再度、問題にチャレンジしましょう。

 

解けたら、隣の人に英語で解き方を説明します。

一番はじめに解いた人が

全員の前で英語で説明します。

 

 テンパズルの答えを知りたい場合は、

以下のHPが便利です。

https://tools.m-bsys.com/original_tooles/10puzzle.php

 

算数、外国語の導入や息抜きに「テンパズル」の記事の紹介でした。