パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の外国語活動~

小学校の先生方に見て欲しい。外国語で苦労されている先生が少しでも楽になれますように。そして、子供達が授業を面白いと思ってくれれば最高です。

小学校外国語 必ず盛り上がる簡単面白ゲーム「Speedゲーム」

f:id:kumayamamoto:20180114215132p:plain

 

こんにちは。 

パンダ先生です。

 

今回も、小学校 外国語の授業で使えるゲームを紹介します。

 

使用する英単語は数字( 1~13)です。

 

前回の「100Bombゲーム」と同じように、子供が大好きなトランプを使います。

今回も準備はトランプだけという教師にとって嬉しいゲームです。 

 

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

また、トランプのゲームをそのまま活用しているので、ルールを知っている子供達も多く、導入が簡単です。

 

数字の中でも11、12、13は中々定着しないものです。

繰り返す活動していく中で子供達に定着させましょう。

 

 ゲーム名:「Speed ゲーム」

①対象

小学校 中学年 高学年

 

②人数

4人程度のグループ

ゲームを行うのは、2人

 

③英単語

数字(1-13)などの英単語を使用。

 

④準備物

数字(1-13)のフラッシュカード

トランプ

 

⑤ルール

1:黒板に数字(1-13)のフラッシュカードを貼っておく。

先生はグループにトランプを配る。 

 

2:子供たちはペアで向かい合う。

他の2人は審判役。

※2対2で対戦することもできます。

 

3:トランプを赤札(ハート、ダイヤ)と黒札(スペード、クラブ)にわける。

 

4:ここからのルールはトランプのスピードと同じです。

場に出したカードに続くカードを、自分の手札から出していって、手札を早く全部なくした人が勝ちです。
場に出したカードに続いて出せるのは、前後の数字のカードです

 

xn--sckye7aa6fc.com

 

ルールの説明は上のHPを見てみて下さい。

 

5:ただのスピードと違うのは、カードを出す際に英語を言わなければいけないことです。

 

5のカードを出す際には、「Five」という必要があります。

10は「ten」ですね。

 

グループで残りの二人が審判役となります。

 

ただ、学級の実態として数字を英語でいうのが難しい場合 は、グループで助け合っても良いこととします。 

 

 

子供はこのような対戦型ゲームが大好き。

何度もやりたがります。 

 

ただ、英語の数字を覚えていない子供は負け続けてしまうので、配慮が必要です。

 

また、2対2の4人対戦するなど、しても面白いです。

 

是非使って下さい!

 

小学校の先生方の授業が少しでも楽になり、

子供たちが英語の授業が面白いと思って欲しいと思います。