パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

休校中の課題に!日本の詩の朗読や視写(青空文庫から)

f:id:kumayamamoto:20200430160251p:plain

出典:青空文庫

 

休校中の課題に、子どもたちに

日本の詩の朗読や視写を行っています。

 

その中から、著作権が切れていて、

さらに自分が好きな詩を紹介します。

(全て、青空文庫から知りました。)

 

ご家庭でも、詩の朗読をしてみてはどうでしょうか。

どれも素晴らしい詩です。

 

まずは、新美南吉の「明日」です。

 

今の状況にぴったりの詩だと思います。

 

f:id:kumayamamoto:20200430160251p:plain

出典:青空文庫

 

 

次は金子みすずの「わたしと小鳥とすずと」です。

有名な詩ですよね。

聞いたことがあると思います。

 

「みんなちがってみんないい」

今の状況に必要な言葉だと思います。

 

f:id:kumayamamoto:20200430160306p:plain

出典:青空文庫

 

 

小川 未明さんの「海と太陽」です。

 

海が眠ったり、笑ったり、

イメージが素晴らしいと思います。

 

 

f:id:kumayamamoto:20200430160255p:plain

出典:青空文庫

 

 

 

宮沢賢治さん 好きなんです。

 

色々な詩がありますが、

今回は星めぐりのうたを。

 

f:id:kumayamamoto:20200430160259p:plain

出典:青空文庫

 

 

星めぐりのうたは、歌もいいです。

坂本 美雨さんが歌った、素晴らしい歌をどうぞ。


「星めぐりの歌」/ 坂本美雨 with CANTUS (Music Video)【公式】

 

 

最後は詩ではありませんが、

夢野 久作の短編を。

 

子ども向けの楽しいお話です。

f:id:kumayamamoto:20200430160322p:plain

出典:青空文庫

 

休校中の課題をまとめてみました。

 

大変な時ですが、みんなで頑張りましょう。

 

 

休校中の課題に!日本の詩の朗読や視写(青空文庫から)のご紹介でした。

お役に立てれば幸いです。