パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

英語で数字に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)

「英語で数字に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)」の記事の紹介です。

 

今回も、小学校の低学年向けの授業実践です。

一年生向けです。

今回は、2時間の授業実践です。 

①1時間目

 

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。慣:英語での数字の表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、振り返りカード、ファイル

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

○活動内容

Introduction

(5min)

○自己紹介 専科自己紹介  ALT自己紹介

Hello, everyone. Hello, Ms. Morimura.

○外国語活動の約束、流れ、挨拶

 1、アイコンタクト 2、ビックボイス 3、スマイル

♪(5min)

○Hello song

 Hi, friends leson2

 

○let’s play(5min)

 

○How manyゲーム

英語教室内の忍者や動物の数を数える。

数字の導入。

 

 以下はゲームのご参考に。

pandasensei.hatenadiary.com

 

Let’s say(5min)

○let’s say

1-10

 

♪(10min)

○7steps (Super simple songs)

 ① 歌を聞く ②歌う(1、2回) ③いくつかの数字を歌わずに手拍子で

 

※以下の記事をご参考にして下さい。

pandasensei.hatenadiary.com

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

○let’s play(10min)

 

 黒板にフラッシュカードを貼る。児童に目を閉じさせ、フラッシュカードを外す。

 What’s this? と隠したフラッシュカードを指差す。児童は外されたカードを当てる。

 

 

※以下の記事をご参考にして下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語での数字の表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

②2時間目

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。慣:英語での数字の表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、振り返りカード、ファイル、ビンゴカード

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

○活動内容

Introduction

(5min)

○自己紹介 専科自己紹介  ALT自己紹介

Hello, everyone. Hello, Ms. Morimura.

○外国語活動の約束、流れ、挨拶

 1、アイコンタクト 2、ビックボイス 3、スマイル

Let’s say(5min)

○let’s say

1-10

 

♪(5min)

○7steps (Super simple songs)

 ① 歌を聞く ②歌う(1、2回) ③いくつかの数字を歌わずに手拍子で

○let’s  play1

(10min)

 黒板にフラッシュカードを貼る。児童に目を閉じさせ、フラッシュカードを外す。

 What’s this? と隠したフラッシュカードを指差す。児童は外されたカードを当てる。

 

○let’s  play2

(15min)

 Bingo game

カードの中に数字を書く。先生が数字を選び、児童はチェックしていく。(発話を繰り返す。)

縦・斜め・横で揃ったら、ビンゴ!

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語での数字の表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

 

英語で数字に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

英語で色に慣れ親しもう!(低学年向け)(小学校外国語活動の実践)

「英語で色に慣れ親しもう!(低学年向け)(小学校外国語活動の実践)」の記事の紹介です。

 

今回も、小学校の低学年向けの授業実践です。

今回は、3時間の授業実践です。

 

2年生向けですが、1年生でも後半であれば大丈夫だと思います。

 

低学年向けに色の英語に慣れ親しむ内容にしました。

 

①1時間目

 

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。

慣:英語で色を表す表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、ファイル、振り返りカード、CD、ビンゴゲーム、色鉛筆

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

○活動内容

Introduction

(10min)

○あいさつ

T: Hello, everyone.

C: Hello, Ms. (Mr.) ~.

 

導入では、さまざまな国のポスト(アメリカは青、フランスは黄色、シンガポールは白)をまずはモノクロで提示して、What color?で聞く。

バナナ(赤)リンゴ(緑)ナス(白)などもクイズとして出す。

Let’s say(5min)

 

○色の言い方を知る

red, blue, yellow, green, pink, purple, black, white

♪Lets sing(10min)

♪Rainbow song

Lets play the game1

(15min)

○【touch game】

教師が発話した色を探し、その色を英語で言いながら触る。

T: red.

C:(赤を探して触る) red.

Lets play the game2

(10min)

○【Color bingo game.】※時間に余裕があれば

A: What color?

B: Red (please).

Look back(5min)

○Look back

本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語で色を表す表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

②2時間目

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。慣:英語で色を表す表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、ファイル、振り返りカード、CD、ビンゴゲーム、色鉛筆

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

○活動内容

Introduction

(10min)

○あいさつ

T: Hello, everyone.

C: Hello, Ms. (Mr.) ~.

 

導入では、国旗をモノクロで印刷し、What color?で聞く。

(カラーも印刷していておく。)

Let’s say(5min)

 

○色の言い方を知る

red, blue, yellow, green, pink, purple, black, white

♪Lets sing(5min)

♪Rainbow song

Lets play the game1

(5min)

○【touch game】

教師が発話した色を探し、その色を英語で言いながら触る。

T: red.

C:(赤を探して触る) red.

Lets play the game2

(10min)

○【国旗クイズ game.】※時間に余裕があれば、もしくはカラービンゴ

 画用紙に各自国旗を書く。色で国旗クイズを行う。

A: What color?

B: Red white.

A:日本!

Look back(5min)

○Look back

本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語で色を表す表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

③3時間目

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。慣:英語で色を表す表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、ファイル、振り返りカード、CD、ビンゴゲーム、色鉛筆

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

○活動内容

Introduction

(2min)

○あいさつ

T: Hello, everyone. C: Hello, Ms. (Mr.) ~.

 

Let’s say(3min)

 

○色の言い方を知る

red, blue, yellow, green, pink, purple, black, white

♪Lets sing(5min)

♪Rainbow song

Lets play the game1

(5min)

○【touch game】

教師が発話した色を探し、その色を英語で言いながら触る。

T: red.

C:(赤を探して触る) red.

Lets play the game2

(10min)

○【国旗クイズgame.】

 画用紙に各自国旗を書く。(前時)その他、色を塗る。

 事前に色を予想して、聞く。

A: What color?

B: Red white.

A:日本!

Look back(5min)

○Look back

本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語で色を表す表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

英語で色に慣れ親しもう!(低学年向け)(小学校外国語活動の実践)のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

英語で反対語の表現に慣れ親しもう!Big and small!(低学年向け 小学校 外国語活動の実践)

「英語で反対語の表現に慣れ親しもう!Big and small!」の記事のご紹介です。

 

低学年向け 小学校 外国語活動の実践となります。

一応、2年生を想定して作っています。

ただ、一年生でも2学期以降であれば、

大丈夫だと思います。

 

2時間の授業略案となります。

 

①1時間目

 

2nd Grade Lesson Plan(Lesson7 1stperiod)

 

○目標

関:自分から進んで挨拶する。慣:英語で反対語の表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 ファイル(B5)、振り返りカード、フラッシュカード、ビック &スモール カード

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

 

○活動内容

Introduction

○あいさつ Hello, every one.

How are you?

 

♪(5min)

♪BANANA Chants(Marathon)

 

 ※詳しくは以下の記事を読んで下さい。

pandasensei.hatenadiary.com

 

Let’s say(5min)

 

○Let’s say

教師と発話。

Big, small, open, shut, fast, slow,, peekaboo

Let’s play

(10min)

○Let’s play

Simon saysゲーム(命令ゲーム)』

先生がSimon saysと言った内容は繰り返す。その他は繰り返さない

 

 

♪(10min)

○Open shut them (super simple songs)

 

Let’s play

(10min)

○Let’s play

Big and small game

Bigとsmall が書かれたフラッシュカードを複数準備する。黒板に貼り、児童に予想させる。

教師がフラッシュカードをめくっていく。

 

 ※詳しくは以下の記事を読んで下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

※時間に余裕があれば、絵本の読み聞かせ

Big and Little

 

○評価

関:自分から進んで挨拶した。慣:英語で反対語の表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

②2時間目

2nd Grade Lesson Plan(Lesson7 2ndperiod)

 

○目標

関:自分から進んで挨拶する。慣:英語で反対語の表現に慣れ親しむ。気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 ファイル(B5)、振り返りカード、フラッシュカード、ビック &スモール カード

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

 

○活動内容

Introduction

○あいさつ Hello, every one.

How are you?

 

♪(5min)

♪BANANA Chants(Marathon)

 

 

 ※詳しくは以下の記事を読んで下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

Let’s say(5min)

 

○Let’s say

教師と発話。

Big, small, open, shut, fast, slow, loud, quiet, Thank you, No thank you, peekaboo

Let’s play

(10min)

○Let’s play

Simon saysゲーム(命令ゲーム)』

先生がSimon saysと言った内容は繰り返す。その他は繰り返さない

 

♪(10min)

○Open shut them (super simple songs)

 

Let’s play

(10min)

○Let’s play

Big and small game

Bigとsmall が書かれたフラッシュカードを複数準備する。黒板に貼り、児童に予想させる。

教師がフラッシュカードをめくっていく。

 

 

 ※詳しくは以下の記事を読んで下さい。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

※時間に余裕があれば、絵本の読み聞かせ

Big and Little

 

○評価

関:自分から進んで挨拶した。慣:英語で反対語の表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

「英語で反対語の表現に慣れ親しもう!Big and small!(低学年向け 小学校 外国語活動の実践)」の記事のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

学級開きに!名刺交換!

f:id:kumayamamoto:20210405220725p:plain

 

 先日、こんなことをツイッターでつぶやきました。

 

 

学級開きには名刺交換がおすすめです。

 

準備も手軽で盛り上がります。

 

やり方は以下の通りです。

 

①プリントを印刷しておきましょう。

一時間行うとかなりの数、

準備する必要があります。

一人二枚程度準備しましょう。

 

②児童にプリントを切らせましょう。

教師が切ると大変です。

児童に切らせましょう。

 

③名刺を作ります。

先生が見本を作っておいて、

見せると簡単です。

 

④名刺交換の見本をみせましょう。

ビジネスマナーぽく

固い感じでやると喜びます。

 

⑤児童同士で名刺交換をします。

断れないようにしましょう。

また、名刺をもらったら、

必ず返すようにします。

 

「学級開きに!名刺交換」の記事のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

国語授業開き 記事まとめ 初任者の方でも役立ちます。

 

 国語の授業開きの記事をまとめました。

 

今の時期は、どのように授業を始めるのか

悩む時期だと思います。

 

そこで、鉄板の授業開きの記事を集めました。

 

どの実践も簡単で

誰でもできる内容です。

 

 

 

①漢字探し

 

元々は向山先生の授業実践が元だと思います。

わたくしは向山先生のものをアレンジしたものを

使っています

 

田に✖を書いた図から漢字を探す活動です。

 

鉄板ネタですが、

どの学年でも3年生以降なら盛り上がります。

 

私は説明用にプレゼンを作って軽く説明してから、

活動に入ります。

 

子どもに以下の画像を見せながら、

この中に漢字が隠れているよ

と言います。

 

 

f:id:kumayamamoto:20210330194411p:plain

 

子どもは夢中になって探しますよ。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

②漢字ベスト5

 

岩下修先生の実践です。

 

岩下修先生は、

大好きな先生です。

著作もたくさん持っています。

 

その中でもおすすめの活動が

漢字ベスト5!

 

 

やり方は以下の通りです。

 簡単で盛り上がりますよ!

 

まずは、テーマを一つ決めます。

 

例えば、好きな漢字など。

他にも嫌いな漢字や難しい漢字、

間違えやすい漢字など色々あります。

 

最初は教師主導で決めましょう。

慣れてきたら、

子ども達で決めてもいいと思います。

 

時間を決めて、子ども達に書かせます。

ルールは今までに習ったものから選ぶこと。

理由も書かせましょう。

五分程度でしょうか。

 

終わらない子がいても、

時間で切りましょう。

 

まずは班で共有しましょう。

お互いのノートを紹介します。

 

面白いと思ったらノートにメモさせます。

慣れたら、必ず一人はメモするなど、

制限してもいいでしょう。

 

全体で共有しましょう。

 

現状では、お互いに話すのは難しいので、

ノートを机の上に置いて、

静かに見てまわる方式を取っています。

 

最後は、全体で発表させます。

全員発表させる必要はありません。

 

クラスナンバーワンの漢字を決めても

面白いです。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

③漢字ズームアップ

 

 これも岩下修先生の実践です。

 

簡単で盛り上がりますよ!

 

まずは、テーマとなる

漢字の一部を決めます。

 

漢字の一部は部首でも

それ以外でも平気です。

 

わかりやすいのは

「はね」や「はらい」などが

わかりやすいです。

 

最初は教師主導で決めましょう。

慣れてきたら、

子ども達で決めてもいいと思います。

 

時間を決めて、子ども達に書かせます。

今までに習ったもの以外でも書いて構わないと伝えます。

 

まずは、何も見ずに書きます。

2分程度でしょうか。

 

終わらない子がいても、

時間で切りましょう。

 

まずは班で共有しましょう。

お互いのノートを紹介します。

  

再度、漢字ズームアップに

チャレンジします。

 

辞書や教科書なども

見て構わないことにします。

 

3分から5分程度でしょうか。

 

全体で共有しましょう。

 

現状では、お互いに話すのは難しいので、

ノートを机の上に置いて、

静かに見てまわる方式を取っています。

 

最後は、全体で発表させます。

全員発表させる必要はありません。

  

どんな子どもも盛り上がりますよ。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

④ 吉野弘さんの詩「紹介」を使った実践

 

 次は森竹先生の実践を紹介します。

国語の学級開きに

吉野弘さんの詩「紹介」を使った実践です。

 

f:id:kumayamamoto:20210330195821p:plain

 

吉野さんの詩を使って自分たちで詩を作ります。 

 

 ※森竹先生の実践は以下のHPをご覧ください。

http://sirius.la.coocan.jp/gakkatu/yosino.htm

 

ワークシートは以下の物を使って下さい。

 

f:id:kumayamamoto:20210330195848p:plain

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

pandasensei.hatenadiary.com

 

 国語授業開き 記事まとめ 初任者の方でも役立ちます。の記事のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。