パンダ先生の四苦八苦 ~小学校の先生 初心者向け 誰でも簡単に実践できる~

普段の授業が少しでも楽に楽しくなりますように。

形の英語に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)

「形の英語に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)」の記事の紹介です。

 

今回も、小学校の低学年向けの授業実践です。

一年生向けです。

今回は、2時間の授業実践です。 

①1時間目

 

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。慣:英語で形を表す表現に慣れ親しむ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、ファイル、振り返りカード、食べ物(模型、ぬいぐるみ 有れば)

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

 

○活動内容

Introduction

(5min)

○自己紹介 専科自己紹介  ALT自己紹介

Hello, everyone. Hello, Ms. Morimura.

Let’s say(5min)

 

ブラックボックスクイズ

 箱の中に形の模型を入れ、児童に当てさせる。

Let’s say

(5min)

○Let’s say

Shape triangle circle heart square

教師やALTと発話。

Lets play the game1

(10min)

○Lets touch game

 教師が発話した形を表す英単語を触る。

 

Lets play the game2

(15min)

○express  game

①児童が教室中に広がる。 

②教師やALTが「Two triangle(表現するもの)」などのように、

数字と表現するものを言う。(数字は作る人数、表現は作る形を表す。)

 ③人数が揃わなかった児童が次の数と形を言う。

T:Are you ready?      C:OK!   C:What’s this?

T:Two triangle Go!    C:できなかった子にはみんなで(Nice try!)

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語で形を表す表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた。

 

 

②2時間目

○目標

関:英語の表現を使って楽しく活動する。慣:英語で形を表す表現に慣れ親しむ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づく。

○使用教材、準備(教師)

 フラッシュカード、ファイル、振り返りカード、食べ物(模型、ぬいぐるみ 有れば)

○使用教材、準備(児童)、場所

 筆箱(鉛筆)、英語教室

 

 

○活動内容

Introduction

(5min)

○自己紹介 専科自己紹介  ALT自己紹介

Hello, everyone. Hello, Ms. Morimura.

Let’s say(5min)

 

ブラックボックスクイズ

 箱の中に形の模型を入れ、児童に当てさせる。

Let’s say

(5min)

○Let’s say

Shape triangle circle heart square(Diamonds, Star)

I have

教師やALTと発話。

Lets play the game1

(10min)

○Lets touch game

 教師が発話した形を表す英単語を触る。

 

Lets play the game2

(15min)

○express  game

①児童が教室中に広がる。 

②教師やALTが「Two triangle(表現するもの)」などのように、

数字と表現するものを言う。(数字は作る人数、表現は作る形を表す。)

 ③人数が揃わなかった児童が次の数と形を言う。

T:Are you ready?      C:OK!   C:Do you have shape?

T:Yes, I do. Two triangle Go!    C:できなかった子にはみんなで(Nice try!)

 

Look back(5min)

○Look back

 本時の感想を学習カードに記入する。

※時間に余裕があれば、感想を児童が発表。

評価

関:英語の表現を使って楽しく活動した。慣:英語で形を表す表現に慣れ親しんだ。

気:日本語と英語の表現の違いに気づいた

 

形の英語に慣れ親しもう!(一年生向け)(小学校外国語活動の実践)のご紹介でした。

 

みなさんのお役に立てれば幸いです。